通信145号 配布

2018年04月19日 16:01

通信145表 通信145裏

エ・コラボ通信145号です。
満12年が過ぎ、13年目スタートの145号です。最初のミーティングは福岡市東区にある”オリジナル・スマイる”さんで行いました。可愛くてほっこりするこのカフェには障がいのある人が働いています。赤ちゃんから高齢の方まで居心地の良いカフェ、私たちの住む太宰府にもこんなお店があればいいなぁ!と行くたびに思います。
通信表面には子どもたちが療育に通っていた時の先生との再会、裏面には2017年度の会計報告があります。
のんびりムードのエ・コラボ、2018年は頑張って活動しまーす!



資源回収 2018年4月

2018年04月15日 23:02

fc2blog_2018041611103558e.jpg
雨も上がりましたが、今日のお持ち込みは、6名。どんなに工夫して写真撮っても、ごまかしきれない少ない量(笑)。積み込みもあっという間に終わりました。
たくさんのアルミ缶を持ってきてくださったのは、我が子たちが保育園でお世話になったN先生。本当に大変だった頃の子ども達のことを知ってくださってる方に、今も応援していただけるのは、格別の嬉しさがあります。
fc2blog_20180416110337cf6.jpg
毎月来てくださる方や、初めての親子で歩いて持って来てくださった方やモトニノのプールの仲間のお母さんも‥みなさんありがとうございました!毎月お手伝いに来てくださってるTさん、Sさんも地域の総会が終わり、急いでかけつけてくださって‥(少なくてお互い苦笑いでしたが笑)ありがとうございました!


2018年度 スタート

2018年04月05日 23:52

2018年度がスタート
IMG_3546(1).jpg
最初のミーティングは”オリジナルスマイる”さんで行いました。
本当はランチで行ったのですが、駐車場がいっぱいで入れませんでした。
私たちは入れなかったけれど、お客さんが一杯なのは良いことだよね!と時間をずらして出直しました。
IMG_3547(1).jpg
”オリジナルスマイる”さんは2007年の秋に”地域福祉セミナーno2”でお伺いしました。当時から働いている方もいらして、頑張ってるね!と親の気持ちで応援したくなりますし、地域で愛されるお店として続いているのもとても嬉しいことです。
2018年度、私たちもボチボチ頑張りまーす!!

エ・コラボカフェ 2018年3月

2018年03月27日 23:06

IMG_3098.jpg
毎月第4火曜日の午後に行っているエ・コラボカフェ、3月のカフェはエ・コラボの今年度最後の活動にもなりました。お天気も良くてお花見日和♪室内にいるのがもったいないような一日でした。
見学も兼ねて遊びにきてくださった方とおしゃべりが弾みました。お昼間は働いている方や活動をされている方が多くなり参加人数が減ってきていますが、楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるので続けています。2018年度は何かやらなくちゃねと話しています。さて、どうなるかな?
IMG_3097.jpg
回収庫の前のブロックの隙間から土筆・・・
IMG_3094 (2)
こんなに細い隙間から出てくるんだと植物の生きる力に感心!
私たちも頑張らなくちゃ!
2018年度もどうぞよろしくお願いします。





平成29年度 福岡県発達障がい者(児)支援センターLife 講演会 へ

2018年03月21日 23:09

IMG_2957.jpg
平成29年度 福岡県発達障がい者(児)支援センターLife 講演会 
「発達障がいのある方の新たな支援ニーズへの対応」
に参加、春日市にあるクローバープラザへ行ってきました。

福岡県発達障がい者(児)支援センターLifeさんは今年1月に開設、説明をされる女性のセンター長さんを見てびっくり!!私たちの子どもが小郡にある”こぐま学園”で療育を受けた先生。懐かしさと時の流れを感じました。あの時は自閉症という障がいもわからなかったし、会話ができない、じっとできない、すぐにいなくなる・・パニックになるわが子の将来に不安ばかりでした。療育という言葉も初めて聞く言葉でした。
今日の講座で、今の支援がどうなっているのか、いろいろなところが連携するようになってきたことなど、そーなんだ、そーなんだと新たに知ることばかりでした。とにかくどこかに相談に行くことで、連携している、まずは相談することからスタート!
IMG_2960.jpg
講演会後、1階にあるLifeさんへ行き、H先生にお会いしました。一番大変だった時期をご存知の先生。私たちのことも覚えていてくださって、今働いていることをとても喜んでくださいました。四半世紀くらいの時が流れていますがH先生は全然変わっておられませんでした。クローバープラザなら、子どもが自分で行けるし、ましてや子どもの頃をご存知の先生がいらっしゃる。心強い気持ちになりました。これからどうぞよろしくお願いします。





最近の記事