第12回 太宰府 古都の光

2017年09月21日 23:31

IMG_1684_20170921230139d17.jpg
今日は9/30のバザーに向けて事務所で品物整理・・帰ろうとしていたらエ・コラボ回収庫へ資源物を持ち込見に来てくれたYちゃんとバッタリ会いました。週末と来週月曜日に開催の太宰府古都の光ですが、壱ノ日23日(土)18時15分~21時 大宰府政庁跡会場を担うTeamSeichouのメンバーさん。お天気も良さそうでまずは一安心やねと立ち話・・有志によるTeamSeichouさんが担当する大宰府政庁跡会場は企画や準備にも時間をかけ格別な光景が生まれます。朝倉とご縁があるそうで、会場で「九州北部豪雨による朝倉地域の復興へ」チャリティー活動も行われます。大宰府の優しく素敵な夜へどうぞお越しくださいね。

なお9/30(土)エ・コラボのバザー&フリマでも朝倉の支援があります。こちらもどうぞよろしくお願いします。

映画 スタートライン 観てきました。

2017年09月10日 23:16

IMG_1628.jpg
太宰府市プラムカルコアで開催された”映画スタートラインの上映とトーク”
今村彩子監督、そして実行委員会の山口さんとのトークから始まり、映画上映

生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督が、自転車屋さんで働く哲さんを伴奏者(撮影者)に自転車で沖縄から北海道・宗谷岬までの3842キロメートル、57日間の旅をする。コミュニケーションがテーマ、耳が聞こえないということがコミュニケーションを取ろうとする時に不利になるのは理解できるとして、それ以外の部分で人と人がコミュニケーションを取ることの難しさや姿勢など監督や哲さんと自分も旅をしながら、人と向き合うこと、コミュニケーションって何だろうといろいろ考えました。

と書くとカタくて小難しい感じがしますが、笑いながら楽しくみられる映画でした。自転車屋さんの哲さんの言葉がいちいち素晴らしく「お坊さん??」と思うくらいだったり、”叱る”というのはこういうことだと思うほど真剣に監督を叱ります。哲さん何者?っていうくらい素晴らしい。(空手家で自転車屋さん) 監督も自分の気持ちを出しそして泣く。

旅でいろいろ方と出会うのですが、監督は耳が聞こえないのでだまっているのに、言葉が通じないと勘違いして英語を話そうとする人たちの姿に、笑いながらも相手に障がいがあるとは思わず、こういう反応をするんだなぁと思いました。「私耳が悪いので・・」と言ってるんですがね。

今回の上映に協力された太宰府要約筆記の会「ちくし」さん、太宰府手話の会さんなど、メンバーさんには日頃からエ・コラボもお世話になっています。お天気にも恵まれ遠くからもたくさんの観客がお見えになり盛会で本当に良かったと思いました。お疲れ様でした!



グラフふくおか 知事のふるさと訪問

2017年03月24日 23:37

知事のふるさと訪問 2月16日に太宰府を訪問されたものがグラフふくおか2017春号(年4回発行)になりました。出来上がったばかりのグラフふくおかと小川知事からのお手紙を太宰府市の職員の方がお届けくださいました。
小川知事は当日も各団体の活動について熱心にお話を聞かれコメントされておられましたが、こうしてまた各団体宛てに励ましのお手紙をいただいて感激いたします。ありがとうございました。
そして訪問当日、今回もわざわざお届けくださった市の職員さんにも感謝いたします。 
IMG_0658_20170331093910219.jpg

グラフふくおかの配布先:県内の公民館、図書館、学校、会社、県の出先機関、市町村役場、医療機関、金融機関、理・美容院など 県のサイトでも公開されます。


第4回ケアカフェ・だざいふ 開催されます。

2017年01月31日 11:00

4回目になるケアカフェ・だざいふが今週末4日(土)に開催されます。
関心を持たれた方、どうぞ足を運ばれてください。
人と話すことで、情報や新しいつながりが生まれます。
素敵な皆さんが企画、運営されていますので安心してご参加ください♪

以下:ケアカフェ・だざいふ より

誰もが安心して暮らせる街“太宰府”。
そして、自分らしく住み終える事の出来る街“太宰府“。
そんな優しく素敵な街を目指して...

「ケア・カフェ」は、まったく新しいコンセプトで行われる、医療者・介護者・福祉者の集まりです。
顔の見える関係づくりと日頃の悩みの相談場所を提供します。
ジャズの流れるカフェのような雰囲気の中、コーヒーなどを片手に会話を楽しみませんか?

第4回ケア・カフェだざいふ
日 時:平成29年2月4日(土) 16時~18時
場 所:山かげ亭(太宰府市連歌屋2-7-1)
テーマ:『2017年』
対象者:ケアに携わる方(医療・介護・福祉・行政・ボランティアetc...)
参加費:無料

IMG_5670.jpg

災害支援を考える交流会へ

2016年11月26日 23:59

~災害支援を考える交流会~に参加しました。主催は、太宰府市社会福祉協議会。太宰府市NPO・ボランティア支援センター、防宰ボランティアネットワークさんとの協働事業。11の団体さんと市役所防災課、地域づくり課の皆さんも参加されてました。


災害ボランティアセンターを設置しないといけなくなった場合に備えて、ネットワークを作りたい。地元の人・物・金・情報をネットワーク化して、地元主体で運営できる体制を作る為に、まずは、地元にどんな活動している人がいるか知り合いましょう!と企画されてました。

エ・コラボも日頃から顔の見える関係を大事にしているので、気持ちは、重なります。交流が始まったのはとってもいいことだと思いました。時間は、かかっても継続して行く事で形になっていくといいなと思います。

人権講座ひまわり昼講座2016 

2016年11月20日 23:31

資源回収が終わり、午後は太宰府特別支援学校で行われた市の人権講座(昼講座)へ参加
IMG_6809.jpg
「ひとつの教室から多様性が生まれる」
~「福祉創造塾ふれあいの部屋」から~
【講師】
白谷憲生さん (社会福祉法人柚の木福祉会理事長)
藤田智絵さん (福祉創造塾「ふれあいの部屋」塾長)

「志免南小学校内 福祉創造塾ふれあいの部屋」は日本初、知的障がいのある方が小学校の余裕教室で活動する“場”です。2015年のグッドデザイン100に入り、未来づくりデザイン賞という特別賞を受賞されたそうです。
塾長の藤田さんのプレゼンのような「ふれあいの部屋」の紹介と白谷理事長のお話がありました。
小学校の余裕教室を使っての福祉作業所は、関係各所の方々の理解があり2日で決定したそうですが、その後が反対などがあり大変だったそうです。しかし今ではグッドデザイン賞を受賞です。

エ・コラボでも2007年度に地域福祉セミナーを企画、この時にふれあいの部屋やレストランゆずのきを見学させていただきました。それから10年近くの間に柚の木福祉会さんは子ども、障がい者、高齢者と幅広く支援されるようになられています。
IMG_6805.jpg
地域の垣根を越えて、グループホームなどの連携が結ばれていることも知りました。

IMG_6807.jpg
参加者が輪になり、夢を語り合う時間もありました。地域にいるいろいろな方々がつながることで複数の問題が解決できるよね。つながる場やサービスが必要だねと先日のダイバーシティと重なる話になりました。(メンバーも重なっていましたが:笑)

ふれあいの家の塾長の藤田さんは筑女の山崎先生の教え子さんだそうで、終了後にお話しさせていただきました。また白谷理事長からちょっとしたアドバイスなどもいただきました。施設の方へもまた見学に行きたいと思います。今日はありがとうございました。




社協福祉まつり 出会いの広場2016 開催されますよ

2016年11月12日 01:43

11月12日(土)10:00~15:00まで
太宰府市総合福祉センターにて社協福祉まつり 出会いの広場2016が開催されます。
楽しい催しが盛りだくさんのイベント、地域で活動している福祉団体さんや市民の皆さんが出会い交流できる1日になっています。
どうぞお出かけください♪
s-img017.jpg

s-img018.jpg

太宰府市総合体育館 開館記念式典へ

2016年11月03日 23:35

一昨年12月18日に竣工された太宰府市総合体育館が完成し、本日開館記念式典が開催されました。鍵当番の度に目にするものの、中に入るのは、初めて。
s-IMG_6712.jpg
参列者は、200名余り。市議会、自治体、教育関係者、市職員さん達に混ざり、私は、市内活動団体の立場で参列させてもらいました。来賓には、パラリンピック銀メダリスト道下さんも。

s-IMG_6713.jpg
この総合体育館は、市民の健康増進の為の施設であるのは、もちろんスポーツの感動を伝えるスタジアム的要素も持ち、文化的な催し、地域の様々な行事にも活用する。そして500人分の備蓄を備えた防災施設としての役割を兼ね備えています。

s-IMG_6714.jpg
1階にある続きの剣道場と武道場。その横の扉から直接備蓄品が運び出せるような作りになっているそうです。

s-IMG_6715.jpg
s-IMG_6716_2016110607043125f.jpg
その通路挟んで向かい側には、この日は、卓球台が置いてありましたがここは、多目的ラウンジ。隣のトレーニング室とつなげて使うことができ、この1階だけで500人が収容できるとのこと。窓の向こうに見えるベンチは、タンク式のトイレになっているそうで5機備えてありました。
s-IMG_6717.jpg

式典後、大きな仕事を終えてほっと一息される市役所職員さん達(笑)。川の向こうでは…
s-IMG_6718.jpg
防災施設との観点から消防車一斉放水のお祝いセレモニーが。虹が発生して歓声が上がりました。

s-IMG_6719.jpg
s-IMG_6720.jpg
2階デッキは、この広さ。いろいろな利用ができそう。何か楽しい事がありそうな予感⁉️
いろいろな人たちの思いの詰まった体育館。エ・コラボの事務所を閉鎖して約2年。隣で工事の進捗状況を見つめていた私たちにとっても感慨深いものがあります。

体育館建設に伴い事務所閉鎖から、松川への引越。その後現事務所へ2度目の引越。回収庫も工事に合わせて3度引越を行いました。そのたびにボランティアのみなさんや市ご担当者の方々にたくさんお世話になりました。改めて御礼申し上げます。体育館の完成により、これから落ち着いて(笑)活動を頑張りたいと思っています。
s-IMG_6721.jpg

太宰府の新しいシンボルとして愛され、利用されることでしょう。

第2回”ケア・カフェだざいふ”に参加

2016年10月19日 09:02


15日(土)2回目となる”ケア・カフェだざいふ”に参加してきました。前回より若干少なめの参加者でしたが、よりゆっくりとお話ができた様に思います。
テーマは、「認知症」。現場の話を伺いながら、皆で解決策を探る。答えが見つからなくても話していることに意味がある。

NPOという立場で参加させていただきましたが、気持ちはどっぷり母のことを想い描きながら。専門職の方々の中にいて、私1人素人で話の質を落としているようで申し訳ないけれど、私はとてもありがたい。

各テーブルで話したことを発表して共有タイム。今月もとても有意義な時間でした。一緒に参加してくれたFさん、ありがとう!



太宰府 古都の光 大宰府政庁跡会場見物

2016年09月25日 23:59

IMG_6288_201609261725145be.jpg
太宰府天満宮の千灯明に合わせて行われる”太宰府 古都の光”
市民の森の方から行くと政庁跡一面に広がる灯明・・圧巻です。
今年は天神で行われた情報フェスタに参加で、お手伝いもできず見物だけになりました。

IMG_6339_20160926172517d83.jpg
復興の祈りを込めた鶴。昨年雨で中止、撤収したこともあり今年はより一層美しく感じました。企画、実施、撤収のみなさま本当にお疲れ様でした。

IMG_6301.jpg
そして太宰府ならではのクリーンステーションも健在!

約1週間後、10/1(土)は同じ大宰府政庁跡で太宰府市民まつりが開催されます。クリーンステーションで私たちエ・コラボもボランティアスタッフとして活動します。





「第2回 ケアカフェだざいふ」開催されます

2016年09月10日 03:54

暑く、熱く盛り上がった1回目のケアカフェだざいふでしたが、待望の2回目が開催されます。
10月15日(土)16:00~18:00
場所は 山かげ亭 (太宰府市連歌屋2-7-1)

太宰府で安心して暮らせること、住み慣れた地域で自分らしく住み終えることのできるまちにしたいという思いで始められたものです。2回目のテーマは「認知症」 もしかすると自分も介助者や認知症になるかもしれない。なった時にも相談したり安心して暮らせるようなサポートがあれば、心配や不安は随分と軽減されるはずです。いろいろな立場の方々と話すことで、幅広い情報を得ることもできます。エ・コラボの2人も第1回目に参加させていただきました。私たちでも参加できるくらいなので、どうぞ気楽に参加されてくださいね。
詳しくはチラシをごらんください。

img013_20160910031242df3.jpg


第1回ケアカフェ・だざいふへ

2016年07月30日 23:26

アートイベントや子どものおみせやさんで訪れる山かげ亭へ
IMG_5689.jpg
今日はケア・カフェだざいふの記念すべき第1回目が開催、私たちも参加してきました。
IMG_5688.jpg
ケアカフェ(http://www.carecafe-japan.com/)は北海道の旭川で誕生して日本各地で行われているそうです。太宰府でも始めたい!!という熱い思いの方々が集まり実現となりました。医療者・福祉者・介護者のためのケアカフェとなっていてエ・コラボとは直接的な関係はないのですが、私たちが行っているエ・コラボカフェのことが何かの参考になったり、太宰府では地域のいろいろな方々とつながろうということもあり、お声かけをいただき企画ミーティングの時から参加させていただきました。
IMG_5708.jpg
各グループで自己紹介ならぬ他己紹介からスタート。ワールドカフェ形式で行われ、第1回目のテーマは”つながり”
医療に携わる方々ばかりの中で、何を話そうかなぁと思っていたら、私たちの活動拠点にかつてあった看護学校の卒業生の方がいらして、思ってもいなかった場所つながりから話が弾んだり、エ・コラボの回収庫を利用していますよと言っていただいたり・・、お仕事とはいえ医療に携わる方々のご苦労も直接聞くことができ、やはり情報共有やおしゃべりの場が必要だと感じました。2時間があっという間で18時の終了時間になってもまだまだ話は尽きない感じでした。
IMG_5693.jpg
山かげ亭の玄関には、イロトリ鳥のチラシが・・・牟田さんありがとうございます。
まだまだ参加できますので、お申し込みお待ちしています

IMG_5670.jpg
次回は未定ですが、9月頃かなとおっしゃってありました。
ケアカフェ・だざいふさんの情報はこちらで→https://www.facebook.com/carecafedazaifu/



地域でクリーンステーション

2015年12月13日 23:49

snowyの住んでる地域で自治会主催の世代交流餅つき
菜の花会会長のYさんからのクリーンステーションやりたい!リクエストに応援に行ってきました。
IMG_4103.jpg
校区の小学校の子どもたち、近くの福祉施設の方も参加して開催されました。つきたてのお餅やお雑煮、公園内で育てたお芋を焼き芋が振舞われました。
IMG_4097.jpg
クリーンステーションを外と室内に設置
ごみはクリーンステーションへをアナウンスと目立つ場所へペタペタ掲示。
テーブルの上に見本の容器を並べ、「容器を重ねてください」と表示するだけ
IMG_4094_2015121610124768b.jpg
特に問題はなく、自治会のおじさまの中にはきれいに積み重ねられていく容器を見て感心される方もいました。やりたい!と声をあげた菜の花会さんにこういうCSに感心された方が自治会男性の中で発信していただけるともっと進展・定着していくと思います。
IMG_4106.jpg
使用済みの割りばしのほとんどは外で薪になりました。
IMG_4111.jpg
さっと濯げはリサイクルできそうな容器でしたが、今年は無理をせず積み重ねのみ。ほぼゴミ袋1つに収まりました。これだけでも成果ありでした。
毎年エ・コラボ資源回収と重なり参加できなかったけど、今年はカレンダーの具合で参加できました。来年は私がいなくても大丈夫!!ドタバタの住む地域では校区全体へクリーンステーションが広がっています。少しずつ市内で広がるといいなと思います。





太宰府四季のたび

2015年09月05日 04:05

IMG_3149.jpg
いきいき情報センターで、最新の”太宰府四季のたび”を見つけ中をめくってみました。エ・コラボにも遊びに来てくれるT夫妻が素敵に登場していました。今は古都の光に向け頑張っています。
”古都の光”9月23日に大宰府政庁跡に一夜だけの美しい光景が生まれます。(25日にも千灯明があります)
詳しくはこの”太宰府四季のたび・秋号”や”古都の光”のパンフレットなどをご覧くださいね!

”太宰府四季のたび”ちょっと可愛くてシャレた冊子です。前号からサイズも変わってより素敵な読みものになっています。

クリーンステーション 大佐野区夏祭り

2015年08月01日 23:30

IMG_2945_2015080223272477a.jpg
大佐野区の夏祭りにクリーンステーションが導入されて5年目。今年は、市役所の職員でもあるSさんを隊長に中学校の地区委員さんが担当されました。市役所の職員さんは、地域でも頼りになる存在です。

IMG_2946.jpg
今年は、かき氷のカップを水で濯いで、リサイクルする事にされていました。

IMG_2947.jpg
少しだけお手伝いのつもりでしたが「大丈夫ですよー帰られてください。」と地区委員のお母さんに声をかけてもらい、1時間位でお役御免となりました。お母さんとは、思えないファッショナブルな皆さんでした!

出先から直接お祭りに行って、なかなか帰って来ないモトニノを迎えがてら9時過ぎ夫と会場に。クリーンステーションを覗くと、バッチリきれいに片づけられていました。
「誰も文句言わず指定された箱に分別してくれて、すごいですよ」とSさん。よその地域の夏祭りでもクリーンステーションは、行われているみたいで本当に嬉しいなぁ。皆さんお疲れ様でした。


女性委員さんの集まりへ

2015年02月20日 19:10

IMG_1841.jpg
太宰府市のいろいろな審議会等に所属する女性委員の交流会が、3/6と3/20の2回シリーズで開催されました。2回目の今回はグループワーク。

審議会で活動で感じていること、審議会の現状や男女共同参画の視点で審議会や地域で感じる問題点など。3つの班に分かれてそれぞれ話し合うのですが、どこのグループも会話が途切れないのはさすが女性。
他の審議会がどのようなことをやっているのかを知り、実情や本音もポロリ・・。
いろいろと問題は感じるけれど、自分たちも受け持つ審議会で意見を言おう!ことで最後はまとまった私の班

何かができない時に女性だからできなのではない、自分ができないと言われた方がおられました。
(性別ではない)人として見る。個性と能力で生きる社会。ポストが人を育てる。納得ながら聞き、障がい者も当てはまるなぁと思いました。知りあえた人たちと名残惜しくまたお話しましょうねと分かれる。

帰りに買い物に寄ったマミーズで、さっそく参加者とバッタリ!「先程はお疲れさまでした」と挨拶を交わす。
交流会に参加しなければ声をかけあうことはなかった・・。交流会が終わって、始まる地域の中でのゆるいつながり(^^)
参加して良かったです。

交流会の企画開催お疲れさまでした!!
エ・コラボ通信も配布していただきありがとうございました。


あす・ラックさんの夏まつり 

2014年08月23日 13:54

エ・コラボ事務所のお隣、太宰府市地域包括支援センターの建物内
にある”あすラックさん”の事務所で開催された夏まつりに行ってきました。

IMG_0054.jpgアットホームな中、マジックショーではちょっとネタばれもあったりして爆笑。宴会ネタになる簡単なマジックも教えてもらいました。
そのあとの歌の時間では、懐かしい歌をみんなで歌ったりと参加者の皆さん、とても楽しんでおられました。歌を歌われた山崎さんは、9月にだざいふえんやまどかぴあでも歌われるそうです。

IMG_0053_201408231318220d8.jpg
IMG_0062_20140823131817a99.jpg梅みそ(300円)と梅シロップ(650円)を買って帰りました。他にもしそジュース(650円)や梅ドレッシング(300円)、梅ジャムなども販売されていました。
福農さんとコラボされているこれらの商品は9月14日(日)のバザー&フリマの時にも1Fで販売されます。気になる方はぜひ、その時に手に取られてみてください。

梅シロップは、お水でも炭酸割りにしてもおいしいです。




                                     snowy



7年越しの夢 monさんのコンサートへ

2014年07月26日 23:26

IMG_2459.jpgコンサートを主催された油機エンジニアリングの牧田会長さんに初めてお会いしたのは5年前のこと、まほろばのもりのことでエ・コラボと環境課の職員さんと一緒にお尋ねしました。そしてその年のまほろばのもりでmonさんの美しい澄んだ歌声をお聞きしました。CDも聴いてみてくださいとエ・コラボへ持ってきてくださったこともあります。牧田会長さんからはその当時からmonさんのコンサートを太宰府でやりたいとずっと語っていらっしゃいました。

monコンサート表
今日のコンサートは満席。2部構成で、1部はmonさんの歌だけでなく育ってきた環境や感じてきたもの、愛や奇跡、幸せについてたくさんお話されました。2部はガラッと変わって、糸島の音楽仲間のメンバーさんも加わり楽しい賑やかな音楽で楽しませてもらいました。牧田会長さんは最後のあいさつで、太宰府でのコンサート、7年越しの夢が叶いましたと話されていました。私たちも本当に良かったと思いました。
2014072613440000 - コピー
会場に着いてすぐ、エ・コラボ100号通信にもメッセージをいただいたのでお礼とともにお渡ししようとしたら、ブログを読まれてすぐに市役所へ取りに行ってくださったとのことでした。申し訳ない気持ちと同時に、わざわざ取りに行ってくださったことがとても嬉しかったです。
そのほかに、蛇の目うさぎさん、牟田アトリエさん、三十三茶屋さんにも通信をお届けに行きました。それぞれの所で、温かいお言葉やお気持ちをいただきました。ありがとうございました。

今日は同時刻に、五条駅前で打ち水大作戦も開催されていました。
まほろばのもり 公式ブログ http://ecodazaifu.exblog.jp/20953464/
 打ち水大作戦2014(うめらぽさんブログより)

                                  snowy

子ども環境講座

2014年07月24日 22:23

「うめさろん」太宰府市NPO・ボランティアセンターさん主催の夏休みの子どもたちを対象にした”子ども環境講座” エ・コラボも少しですが、お手伝いに行ってきました。
2014072412570000.jpg
↑開催前の様子
太宰府市のゴミの話、分別の方法などのお話がハッピーフレンズのIさんからありました。補足的な説明などは環境課のゴミマスターさんが説明されていました。子どもたちは紙やプラのマークを探しながら分別も体験。これはぜひお家でも実践してくれるといいな。最後はお楽しみのエコバック作り。
2014072420310000.jpg
染色用のクレヨンやペン、NaNaねこの会さんが作られたかわいい消しゴムハンコを使って、可愛いオリジナルバックが完成していました。

この講座は8/25にも開催されます。夏休みの宿題対策にもなりそうですよ(笑)
kodomokannkyoukouza.jpg


参加申込、お問い合わせ先
        「うめさろん」 太宰府市NPO・ボランティアセンター 
         太宰府市五条3-1-1  いきいき情報センター1F
           TEL 092-918-3633   FAX 092-918-3644

地域でクリーンステーション (防災炊き出し会)

2014年06月08日 22:33

今日は自分の住む自治会の防災炊き出し会でした。N会代表のYさんから、事前にクリーンステーションをやりたいけど手伝ってもらえる?と打診され「もちろんいいよ!」と返事をしました。
SANY1358 - コピー
Yさんは絆創幸でも活動されてるし実際に福島まで行かれ、有事の時に役立つものをという考えの持ち主。絆創幸で太田先生や薬剤師の竹下さんのお話も聞き、ゴミのことも考えに入れてCSを取り入れてくれました。

SANY1355.jpg
消防署や福祉施設の職員さんの講習や自治会で備えているものの説明などがありました。
SANY1357.jpg
備蓄しているお米を釜や飯盒を使って炊きます。
SANY1359 - コピー
おにぎりにして、おかずも備蓄の缶詰め。他にも備蓄のお餅も焼いてありました。
SANY1366.jpg
紙皿、お箸、ラップ、他にはお水を飲んだ紙コップを分別してもらいました。
SANY1368.jpg
表示は、ドタバタが自分の住む自治会でCSをやった時のものをエ・コラボに置いてあるのでそれを借用。足りないものは今日のクリーンステーション担当のSさんが手書きで準備。
SANY1374.jpg
紙コップはほとんど、紙皿は汚れていないものが半分ほど。これは地域の資源回収に出します。今日は無理せずに、できることをやりました。課題はありますが、CSがいろいろな場面で定着してくれるといいなと思います。


                                    snowy

御笠川クリーンデイ 春編

2014年04月26日 23:37

太宰府水から川る会さん&御笠川ピカピカ実行委員会さんの主催で行われている川そうじ、ドタバタ&snowy、今回も猫の手並みですが、参加してきました。
SANY1178.jpg
9:00集合で市役所に行くと、これまでにない多さで人が集まっていました。
初参加は、作業着姿もカワイイ学生さんと先生による福農のボランティアチームです。他にも女子大生、シルバーさん方とすごい賑わいです。

SANY1180.jpg
いつもは川に入っていましたが、今日は人数も多いし地上で舗道のゴミを拾いながら、川の中にゴミを発見したら教えることにしました。
SANY1185.jpg
まだまだ使えそうな三角コーンとウエイト、ゴミ袋に入れられたスポンジらしきもの。そして液体の入った灯油缶、この上流では自転車もありました。どれも川の中にあることに首をかしげます。


SANY1182.jpg
そうじの合間に福農の先生とお話をしました。以前、エ・コラボのバザーの時に何度か福農の商品を販売させてもらったことやお世話になった先生のこと、秋にある環境フェスタのことなどもお知らせしました。また、特別支援学校との交流を尋ねてみると、学校に遠足やみかん狩りに来られているそうです。少しづついろんな場面での交流が広がればいいなぁと思います。今日はお会いできて本当に良かったです。でも、先生の名前を聞きそびれてしまいました。通信はお渡ししたので、もしかするとこのブログも見て頂けているかもしれません。
その後、一足早く10時半で私たちは早退させてもらいました。

あとで連絡をいただきましたので、結果を報告いたします。
参加人数78名。燃えるゴミ87.5kg 燃えないゴミ66kg
みなさん、本当にお疲れさまでした!


                            snowy


分別は最初が肝心!

2014年04月05日 21:25

自治会のお花見会 桜は散って雨模様・・ということで公民館の中での会食
2014040512220001.jpgお世話役のリーダーでもあり、エ・コラボのCSにも来てくれたことがあるYさんが、食事の前に分別回収のことをみんなの前で話されました。最初に分けて並べておくだけで、ほとんどの方が協力して下さいます。思わず写真を撮ってしまいました。ひとりひとりがゴミを重ねるだけでも嵩は減るし、汚れていなければリサイクルに回せる。

2014040512220000.jpg
避難所でも自然とこんなことができたらいい、そのためには日頃の集まりから定番でやっておくことで定着してくる。主婦は有料のゴミ袋を使う枚数が減って嬉しい。捉え方や伝え方はいろいろでも最終的にはゴミが減ればいいのです。
2014040512590001.jpg
エ・コラボやって、ゴミのことまで考えるとかやるとか思ってもみませんでしたが、今ではきちんと重ねられた容器がうつくしく快感になっています(笑)



                           snowy

こどものおみせやさん7へ

2014年03月23日 22:11

今日は午後から、太宰府やまかげ亭で開催の”こどものおみせやさん”へ

もう7回目になるこのイベント、東北をずっと支援されていること、子どもたちのお店を支えている保護者、スタッフさんのご苦労に頭が下ります。

SANY0972.jpgSANY0966.jpg
SANY0968.jpgSANY0967.jpg
お茶飲んだり子どもたちの作ったものを買うということしかできませんが、無理せずに自分にできることで参加するのが長続きする秘訣だと思います。

SANY0969.jpg継続して応援されている多賀城市のコトリコーヒーさんのお手紙もあって、将来、大人になった子どもたちが実際にお店の方に行く機会などあれば素敵だなぁと思ったりしました。スコーン、とっても美味しかったです(^^)


                           snowy





                              





防災会議へ

2014年02月24日 22:51



今日は午後から本年度2回目の防災会議に参加しました。
事前にいただいていた地域防災計画(原案)を、エ・コラボという立場で参加しているので障がい者について書かれているところを重点的にチェック、付箋を貼ったり疑問点などノートに書いていきました。会議に出席されていた他の方の計画書にもたくさんの付箋が貼られていました。

午前中に別の所で防災のことを話していた時に、なにげなく「知的障がいと身体障がいは違うの?」と聞かれました。
(障がいも様々だと前置きをして)知的の人は自分で歩いて逃げられる方もいるけれど、身体の方は車椅子や身体を動かせない方もいて、誰かが家の中まで手助けに行かないと逃げられないと言うと「そうかー!」と納得されました。
私にとってはその疑問がとても疑問でもあり、大きな気付きにもなりました。みんなわかっているんだろうと思っていることがその立場でないとわからない。会議中、議長である井上市長はたくさん意見を出して下さいとおっしゃられます。自分が会議に参加している責任を改めて感じました。

福祉課より報告がありましたが、現在登録されている要援護者は582名で、うち376名は個別ネットワーク決定済(64.6%)だそうです。福祉避難所も総合福祉センター以外に太宰府特別支援学校や同朋園などと協定が結ばれていて、今後も増えて行くそうです。安全に移動しやすい所に福祉避難所があるのは有難いことです。

住民だけでなくお正月3ヶ日には200万人もの観光客訪れる太宰府です。行政、自治会、各団体、ボランティアがそれぞれが協力をして乗り越えなくてはいけません。会議では新たにマニュアルの資料もいただきました。より良い太宰府市地域防災計画ができるように、たくさんの方が努力されています。



                            snowy

どこかのまちのことでなく・・地域と学校の連携

2013年10月19日 21:51

高齢になれば買い物やゴミ出しだって難しくなる。高齢化で予想される暮らしの問題を地域と市内の大学の先生と生徒さんが協力して解決策を考えるという連携を私の住む自治会では行っています。自治会側は先生や若い学生さんから思い付かないようなアイディアをもらえることができるし、学生さんも実在するまちの問題解決策を考えて、住民の前で発表することはとても良い社会経験になると思います。双方に有意義な連携ですが、市内ではまだここだけです。
SANY0561.jpg
学生さんから提案されたアイディアは、坂道は大きな障害になっているけれど、反対に歩けば健康になれるという逆転の発想、でも歩けない人のために福祉バスも充実させるとあるのもとても親切です。空家カフェの紹介や高齢者が託児をする代わりに自分の買い物もしてきてもらうなどの提案もありました。住民側からの感想や質問では、坂や水路で発電するアイディアは良いけど、設置するには費用がかかる。その費用は??問題解決を考える時にお金のことも考えてくださいとの意見も出る。さすが大人~です。また地域の行事に参加していない人たちが出てきてくれるアイディアを考えてくださいとのリクエストもありました。
その後は、地域サロンの開催などの活動をしているグループさんが用意されたお茶とスイーツで学生さんと交流タイム。隣りに座った学生さんの将来の夢や障がい者施設へ実習に行った話、仕事への不安などを聴きました。障がい者の支援を将来の職業にと考えている彼女と嬉しい気持ちでいろいろとお話をしました。最後は自分も障がい者が家族にいることや、先日、先生の所へ勉強会のご案内に行きチラシをお渡ししているのでと、エ・コラボの勉強会も時間があれば来てくださいねとしっかり誘っちゃいました。将来に向け頑張って欲しいとエールを送ります!
SANY0557.jpg
受付の所に、人権講座ひまわりと環境フェスタのチラシも置かせてもらいました。「去年は孫を連れて環境フェスタに行って工作をしたらとても喜んでいたよ」とひとりが言えば、隣にいる方が「じゃぁ私も孫を連れて行ってみようかな」と話される。チラシ+口コミはとても効果的です。その後しっかり道案内と内容のPRもしました(笑) 講座や催事に参加して、新たな知識や楽しみを見つけることも、元気に暮らすことに通じていると思います。


                                snowy

最近の記事