就労セミナー2011

2011年11月04日 23:25

IMG_1487.jpg
今日は、ドタバタ&snowy 社会福祉法人 こぐま福祉会 Workstep主催の 第5回就労セミナーに参加しました。

こぐま学園は、私たちの子どもが療育に通っていたところで、本当にたくさんお世話になった所です。当時と変わらぬ廊下では、子どもを追いかけていつも走ってたなぁと療育の光景が思い出されました。すごく大変だったことも今では笑って話せる懐かしい思い出になり、大人になったわが子の心配ごとも変わってきました。子どもの自立ばかり心配してましたが、実は自立って親の自分にとっても考えないといけない問題だなと、セミナー最後のグループディスカッションの質問で気づかされてしまいました。(日々の暮らしの中で、子どもの方が自分よりしっかりしているゾとか、きちんとしているなーと思うことも多くなってきたこの頃)

肝心のセミナー内容は、就労移行支援事業所Workstepの紹介から始まり、企業の方から、公的な支援機関やケアホームの支援者からのお話、働いているご本人からの話と幅広い内容のものでした。久しぶりのこのようなセミナーに参加して、気づいたこと、再確認したことがありました。企業の方のお話を聞くたびに、基本的な挨拶の大切さをおっしゃいます。就労を目指す第一歩は、難しい事じゃなく基本的な日々の挨拶が大事なんだと改めて思いました。それから社会が変わってきたと感じるのは、私たちの子どもが療育に通っていた時代とは変わり、障がい者が働くことは一般的になりつつあるし、支援機関なども配置されてきました。中身の充実はこれからだとしても、悲壮感ばかりの時代から、なんとかなるさーと今では自分の気の持ちようも変わってきました。他にも、療育に来ている今のお母さん方のきれいさを見て、ドタバタと私たちはああじゃなかったーとこんな変化も感じてきました(笑)


Workstepに通う人の中に、わが子と一緒に療育していた子を見つけました。立派な大人になった彼の中に子どもの頃の面影を見つけ、懐かしく思うとともに、早く彼に合う仕事が見つかるようにと願いました。そして、いまやっているエ・コラボの活動の原点はやはり”親の思い”だと思いました。親の力は時に偉大だけど、社会ではいろいろな人がいてみんなが協力し合わないと、何も変わらないし、どうにもなりません。エ・コラボの勉強会、幅広い分野の方に来ていただけたらと開催しています。どうぞ来てくださいね。

今日、私たちの勉強会の案内チラシを置いていただきました。Kさんをはじめこぐま福祉会のみなさまありがとうございました。



                            エ・コラボ (snowy)

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1044-104ede5c
    この記事へのトラックバック

    最近の記事