武勇伝??

2011年12月13日 20:09

自閉症で多動の子どもが起した数々の武勇伝!?
成人した今だからこそ、武勇伝なんて軽口を言っとりますが、それはそれはいろいろありました。(うんうんとうなずく方も多いのでは)

そんなわが子と同じ学年だった子どもさんのお母さんとバイトで小学校へ行きました。「昔ね、学校を飛び出していなくなった時があって、○○先生が捜してくれて、他の小学校で見つかった我が子を迎えに行ってくれたことがあったとよ・・」「そんなことがあったんやね・・」と車中で思い出話に花が咲く・・。
そんな話をしているうちにバイト先の小学校へ到着。職員室へ挨拶に行くと、なんとさっき話に出たばかりの○○先生が扉を挟んで目の前に立っていらっしゃる!!「わぁー○○先生!!今先生の話をしてたんですよ!!」
もうビックリしてしまいました。先生とお互いの子どもたちの近況を話す。成長や就労をとても喜んでくださいました。

子どもが小さかった時、何かあるたびに、いてもたってもいられず、申し訳ないやら心配やらでどんなに苦しかったか、しかし生きていれば必ず時間は流れていく。子どもは成長し(自分は歳老いる:笑)状況はずっと同じではない。別れた人ともこんな偶然の再会がある。今年は幼稚園時代の先生との感動の再会もあり、人の縁の不思議さ、また大切にせねばと思った1年でした。

数々の武勇伝はつらい思い出でもあるけれど、だからこそ先生もよく覚えていて下さる。子どもがどれほどたくさんの縁をつないでくれたのか、感謝しなくちゃいかんなーとも思える今日この頃です。

                             エ・コラボ snowy



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1061-79884082
    この記事へのトラックバック

    最近の記事