行ってきました。やればできる!障がい者就労・生活支援~シンポジウム

2012年03月27日 22:25

img238.jpgimg239.jpg
エ・コラボカフェをお休みして、来月オープンのIKEAにもほど近い(実は道に迷ってIKEAのとこまで行ってしまった)新宮町にあるシーオーレ新宮で開催されたシンポジウムにドタバタ&snowyで参加してきました。

財団法人 横浜市知的障害者育成会 理事 小出 昇一さんの基調講演から始まり、シンポジウムはコーディネーターが社会福祉法人さつき会 理事長 上田 敏明 さん、パネラーが、前出の小出昇一さん、大分にあるホンダ太陽株式会社 取締役管理本部長 樋口 克己 さん、全国展開の就労移行支援事業所(株)ウイングル 博多センター・福岡ももちセンター マネージャー 吉田 響 さん

いろいろな勉強会に参加して感じるところですが、本当に昔と違う! 現在21歳のわが子が小さかった頃は、将来働けたらいいなぁーとは思っていましたが、それは夢の夢っていう感じでした。というのもどういう風に就労するのか道すじが見えませんでした。本人の努力以前に、親戚がやっている事業所だとか何かコネがないと就職は無理かいなとかそんな風な感覚がありました。

それが今では、ハローワークを始め就労の為に訓練や実習の支援、職場定着支援などが受けられる就労移行支援事業所がある。企業側でも特例子会社などを作ったり、積極的に障がい者の雇用をしてあるとこもある。実際の就労はそう簡単なものではないと思うし数字的にはまだまだだったとしても、昔を思えば、障がい者が働くことは特別ではないという世の中になってきたと感じます。障がいも様々で、ひとりひとり働き方も違うということを本人も周りもわかった上で、支援が受けられたら本当にいいなぁと思う。
そんな中で、甘やかし過ぎたり、厳し過ぎたりと親がする支援が一番やっかいで難しい。正しい情報、昔話ではなく今の現実や将来どうなっていくのかを知る。親も情報の更新をしながら支援をしなくてはと、自分に言い聞かせながらお話を聞いていました。


毎度のことながら、勉強会等に参加して色々な立場の人が、障がいのあるひとを支えてくれていることを知るのが嬉しいし有難い。太宰府から離れた新宮町で、太宰府の顔見知りの方々に会う。立場は違っていても今日の事が共有できることがこれまた嬉しいことです。


                            エ・コラボ snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1131-903abdae
    この記事へのトラックバック

    最近の記事