「所得を保障する支援とは~ 重い障害者でも地域で生きるために・新しい価値の創造」へ

2012年05月19日 21:15

img251.jpg2012051913290000.jpg
「所得を保障する支援とは~ 重い障害者でも地域で生きるために・新しい価値の創造」福岡市市民福祉プラザで障害者より良い暮らしネットさんが開催された講演会に行ってきました。

基調講演は「障害者でも自立できる給与の支払いを目指して」
社会福祉法人はらから福祉会(宮城県)の武田 元理事長がお話をされました。
現在年商5億円。A型で働く方は宮城県の最賃675円を上回る時給700円をもらわれているそうです。どんなに難しい作業でも細分化することで、重度の障がいがある方も働くことができる。知恵と工夫、ただ一つの事を一生懸命にという言葉が何度も出てきました。希望する方は全員受け入れ現在300名 とにかく、すごいなーと感心する。

休憩中に、福岡県中小企業家同友会バリアフリー委員会のMさん、もう一人のMさんをお見かけして、ご挨拶。そして、太宰府古材の森のM社長も参加されていて、こんな場所でお会いできることがなんとも嬉しい!

トークセッション コーディネーター加留部 貴行さん、武田 元理事長 社会福祉法人明日(あした)へ向かっての管理者 末松 忠弘さん、社会福祉法人 そよかぜの会理事・福岡市議会議員 はまさき太郎さん と保護者代表で障害者より良い暮らしネットの服部代表。それぞれの事業所の取り組みなどの発表、保護者の立場で障がいのある子どもの将来への不安など話されました。

 
仕事と賃金と障がい・・仕事なんだから、お給料をもらうのだから頑張らなくてはいけない。このあたりまえなことに、障がいということが加わるとそこには正しいとか間違ってるとかではない、いろいろな考え方が生まれると思います。その人が望んでいる働き方ができればいいなと思います。

大山会長を太宰府にお招きした時に、服部代表もお手伝いに来られ、翌年大山会長の講演会を福岡市でされたというご縁があるのですが、障害者より良い暮らしネットさんの活動は目覚ましく本当に頑張っておられます。日本理化学工業(株)の製品も販売されるとのことで、これからも障がいのある人のために頑張って欲しいと思います。


                            エ・コラボ snowy
 
 

コメント

  1. Re: 「所得を保障する支援とは~ 重い障害者でも地域で生きるために・新しい価値の創造」へ

    そう、押しかけ手伝いさせていただいて、あれが大きなきっかけになりましたねぇ。

    私たちのような当事者が頑張っていると、周りの人たちも「なんかしちゃらないかんね」と思ってくださるのか、協力者もでてきますね。書いておられるように、人と人とのつながりを、とっても感じます。

    活動の形は違っても、願いは同じ。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  2. snowy | URL | -

    Re: Re: 「所得を保障する支援とは~ 重い障害者でも地域で生きるために・新しい価値の創造」へ

    コメントありがとうございました。当事者である私たちもたくさん知らないことがあって、講演会等に参加するたびに、新しい情報と気づきを頂いて帰ってきます。ありがとうございました。
    継続して講演会等を企画されて大変かと思いますが、服部さんを始めスタッフの皆さん、関わってくださる方々のパワーを感じます。そのパワーがきっと人の輪を広げているのですね、これからも健康第一で(母親が倒れるとそれこそ一大事!)どうぞ頑張ってください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1160-fd0b79e4
この記事へのトラックバック

最近の記事