政庁まつり2012 クリーンステーション スタッフ活動編  

2012年10月06日 23:59

”太宰府市民政庁まつり”は太宰府市で行われる一番大きなまつりで、会場で出るゴミも相当な量になります。6年前にアルミ缶の分別回収を提案してから、市の担当の方の理解や協力でだんだんと分別回収が進んできました。

IMG_3770.jpg
昨年は初のCS、そして今年は3つのCSが登場となりました。その3つのCS内で、市職員と市民がボランティアスタッフとして作業を行いました。作業といっても実際にゴミの分別をするのは、ゴミを持ってきたひとなので、やり方を教えたりサポートするだけなのです。

IMG_3782.jpg
このCSは、会場で出るゴミの削減と市民の方が分別のやり方を体験し、それを家庭でも実践してもらうことがねらいです。環境負荷や多額の処理費(金額は、まほろばのもりのクイズとして出題します(笑))がかかるゴミ、市民全体で日常的に取り組まなくては、減らすことができません。CSからこういうことが発信していけたらというものです。
IMG_3787.jpg
男女、年齢も問わずにほとんどの方が分別に協力していただけたのですが、私が1日いて3回ほど「あ~めんどくさい!!」という声を聞きました。100%の理解や協力が得られるとは思っていませんが、なぜ、めんどくさくてもリサイクルやゴミの分別をしなければいけないのか、それを伝えなくてはと思いました。
「ご協力ありがとうございます。」とともに「お手数かけますが、これでリサイクルすることができます。」などお話しすると、「そういうことなのね。」と、コップや空き缶をすすぐ作業や分別も快くしてもらえました。

IMG_3815_20121011210941.jpg
IMG_3808_20121011201841.jpg
夜になると、人出のピーク!!若者もほろ酔いのおじさまたちも、分別回収に協力してくださいました。

IMG_3822.jpg
クリーンステーションで回収したものは、データを取るために種類別に計量

IMG_3826.jpg
計量したものを、クリーンステーション回収の集積所へ運びます。まつり終了時には集積所の入り口に不法なゴミの持ち込みをされないように番人も出現。ゴミを運んでいた私たちもチェックを受けました(笑)
長かったような、短かったようなまつりの一日が終わりました。
みなさん、本当にお疲れさまでした。


                            snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1231-376a9209
    この記事へのトラックバック

    最近の記事