太宰府特別支援学校へ 2回目のボランティア

2013年01月31日 21:31

太宰府特別支援学校へ2度目のボランティアに行ってきました。前回は小学部でしたが、今日は高等部と中学部でした。
1時間目に入った高等部のクラスでは、明日に控えた漢検の本番に向けて学習中。プリントを見せてもらいましたが難しい・・・。知的障がいがあるのに漢検?できるとかいな?と思う人がいると思いますが、できる子もいるんです。

2時間は高等部の違うクラス、こちらには2名の生徒さんがいて、B部門(肢体不自由教育部門)の生徒さんの体育の授業に参加するとのことで体育館へ移動。車椅子や歩行器の生徒さんに交じってバスケットのような競技をしました。A部門(知的障害教育部門)の生徒さんがB部門の授業に交じることができるのはいいなと思いました。パスをもらって、誰かにパスしたり、ゴールに入れたりとスピードはゆっくりでも体育館の中は熱気にあふれていました。

3時間目から下校までは中学部へ 自閉のある生徒さんに女の人は嫌だ!とか、1960年代に生まれたひとは嫌だとか初めて拒否されました(苦笑)その生徒さんにはあまり刺激しないように、でも違う話題や興味のありそうなことを様子を見ながら少し話しかけたりしました。その一方で、女の子の生徒さんとはとても仲良くなり、言葉は少なく、ゆっくりひとことひとこと話すことができる感じでしたが、一緒に絵を描いたり手をつないで給食の食器を運んだり、じっとこちらを見てにっこりしてくれると、娘のいない私はこんな女の子がいたらかわいいだろうなーと思ったり・・。
障がいの特性はあっても、ひとりひとり違います。一緒にいて大人の私たちはゆったり見守り、ともに学びあえたらいいなと思います。ドタバタはこの地域に住んでいるので、住民として地域の方々と支援学校に行っています。実際に交流しながら、学校や障がいのある生徒さんを身近に感じるようになって欲しいなと思います。



中学部でも、実習に向けて挨拶の練習や作業(ボールペンの解体等)をしていたのに感心しました。わが子は高等部から筑後の特別支援学校へ通ったのですが、挨拶の練習を見ていると当時のことを懐かしく思い出しました。自分の目指す将来へ頑張って欲しいなと思います。また行くけんね!!



                            snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1290-36f71028
    この記事へのトラックバック

    最近の記事