電車の中で・・

2013年04月30日 18:19

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

わが家は29日 有田と波佐見の陶器市へ行きました。お天気も良くてとても多くの人で賑わっていました。(大宰府名物、梅ヶ枝餅も売っていました:笑)
2013042913390000.jpg
車か電車かどっちにしようか迷い、渋滞のない電車にしました。

帰りのこと。有田から乗車、その次の上有田駅からひとりの男性が私の隣りに座られました。手には香○社の入った袋を2つ持たれてました。
少し感じるものがあったのですが、ぶつぶつとお話される様子からもわが子と同じ障がいがある方だなと思いました。○月○日は○○に行って・・・このゴールデンウィーク期間の予定のことを話されています。自閉症の方の特徴的なイントネーションの話しぶりに親近感を持ってしまい(うちの子とはちょっと違うのは筑後弁だったこと)、手に持たれた袋は誰かへのお土産かなとか勝手に想像してしまいました。

乗った電車は少し遅れていました。その方が通りかかった車掌さんに「電車が遅れていますが、鳥栖から久留米への乗り換えはどうなっていますか?」と尋ねられました。車掌さんは手帳を開き○○分の快速電車がありますと答えられていました。ぶっきらぼうでも質問の仕方に感心、車掌さんも何もなく普通に落ち着いた対応。わが子も外出中はこういう風に対応してもらっているのかなと・・有難い感じがする。一般の方は、電車で隣に障がいのある人が座ったら・・・そんなことも考えたりしました。

その方とは鳥栖で別々になりましたが、鳥栖からは障がいのあるお子さんのご家族が乗られました。ご家族が時折、声をかけてあり、静かにでも楽しそうに乗車されていました。自分で免許を取って車を運転することは知的な障がいのある人には難しいだろうし、家族もいつまで一緒に移動できるかわからない。電車やバスは貴重な移動手段、小さな頃から電車や公共の乗り物に乗って少しずつマナーや乗り方を身につけることって大切だなと今更ながらに感じたのでした。
そして人のこっちゃない自分もたまには電車に乗らないと乗れなくなりそうです(笑)



                            snowy 

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1334-97b119c6
    この記事へのトラックバック

    最近の記事