政庁まつり2013 クリーンステーション スタッフ活動編  

2013年10月05日 23:25


なーんてことでしょう!市民まつりの会場内にゴミ箱が無い日がくるなんて・・
今年は会場内3か所に設置されたクリーンステーションでゴミを分別回収します。

2013100515010002.jpg
クリーンステーションでは来場者が自分で分別しながらゴミを捨てます。汚れてない紙やプラはそのままでリサイクル、缶やペットボトルは軽く水ですすいで回収、箸や竹串も資源として回収します。食べ残しはざるの中へ、残った汚れた容器などは燃えるゴミになるのですが、重ねられるものは極力重ねて嵩を減らしゴミ袋を削減します。
SANY0383.jpg


SANY0377.jpg
分別容器はダンボールを利用した手作りで、昨年からのものを引き続き利用、そして来年も使う。
2013100515010000.jpg
油機エンジニアリング(株)さんの協力で、ざるで水切りした食べ残しの生ごみはバイオミックという機械へ投入し、堆肥となって再利用されます。


SANY0382.jpg
サポート役として市職員、市民、学生がボランティアスタッフとなり来場者の分別のお手伝いをしました。ほとんどの来場者が協力してくださるし、赤ちゃんを抱っこされていたり、荷物を持たれたりしている方にはこちらで受け取り分別するなど臨機応変で対応しました。何事も長く続けるには、やりすぎないこと無理しないことだと思います。私たちもテントの中でボラスタッフとして活動・・ってか人としゃべってた時間が多いワ(苦笑)中国からの留学生のみなさん(日本語がとても上手!)とも国際交流しながら、Oさんをリーダーにテントの中でみんな和気あいあいで作業をしました。みなさん、お疲れさまでした!

SANY0368.jpgSANY0380.jpg
差し入れで牛丼をいただいたり、ゴスペルのステージを見に行ったりまつりの雰囲気も味わいました(笑)


↓ゴミ箱が無くなったので、エ・コラボが昨年までやっていた会場内でのアルミ缶回収作業はなくなりました。思えば、2007年に箱を準備するのでアルミ缶を回収させてください!の提案からまつり内で回収活動を始め、翌年はペットボトルも分別することになりました。ゴミ箱時代からちょっとずつ進歩してきました。
IMG_3789.jpg
クリーンステーション方式もバイオミックも、そもそも環境フェスタin太宰府”まほろばのもり”が最初です。紆余曲折、こうして市で一番大きなイベントの会場で当たり前のようにクリーンステーションがあるのは、その裏側で努力した人や決断した人の力があるからで、いろいろと思うエ・コラボでもありました。


                             snowy





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1400-f1a01e78
    この記事へのトラックバック

    最近の記事