人権講座ひまわり 昼講座へ 

2013年10月20日 23:29

資源回収が終わり、午後14時から水城西小学校の体育館で開催された人権講座へ参加しました。
IMG_5278_20131022081206e36.jpg
「みんなで考えよう!今、自分たちができること~災害医療の現場をはじめ 命・人・地域のつながり~」東日本大震災後に南三陸町に医療支援に行かれた太田先生と竹下先生のお話です。

IMG_5290.jpg
この日、参加者はテーブル形式で講演を聴き、その後テーブルごとで感想などを伝えあう時間も設けられました。講師の方の希望だったそうですが、担当職員さんの気遣いで丸テーブルやお花、キャンディーなども用意されていて、短い時間でしたが、他者の感想や意見を聴くことができ、新しい情報や自分自身の防災への思いも再確認できました。私たちは偶然、竹下先生の奥さまと同じテーブルになりました。知的でとっても美しい奥さまでした(^^)
IMG_5299_20131022081234e4b.jpg
避難所の代表だったSさんの写真↑なども登場した太田先生の発表。食べ物の入り口である口の中が不健康で不潔になればその影響は身体全体に及ぶこと、身元不明で死亡した時に歯の定期検診を受けていることで身元が判明すること。報道されない現地での出来事、大切なひとの命を守るために、そして自分の命を守るためにできることは何かを問いかけられ、地域の人とのつながることの大切さを伝えられました。
IMG_5305.jpg
絆創幸2で私は初めて竹下先生のお話をお聴きしたのですが、薬剤師という仕事の重要性と必要性を再認識しました。医師が処方箋を書いても、被災地でその薬があるとは限らず、同じ作用がある薬や量などはお薬の専門家である薬剤師でなければわからないそうです。また公衆衛生の向上も仕事だそうで、被災地のトイレの状況の劣悪さも伝えられました。トイレットペーパー、前の人が使った裏側を使うなんてことがあったそうです。
IMG_5283.jpgIMG_5281.jpg
会場に手話の会さんや午前中に資源回収を手伝いに来てくれたSさんのいる要約筆記さん、Hさん、私たちエ・コラボと絆創幸に関わったメンバーがいました。私たちは助けてもらうことがほとんどだけど、地域に太田先生や竹下先生、つながることができ助け合える人がいて幸せだと思います。
IMG_5287 - コピー
市のご配慮で11月10日に開催の障がい者就労・雇用勉強会のチラシも資料と一緒に配布してもらい、アナウンスもしていただきました。参加者の方の目に留まっているのを見てとても嬉しく思いました。本当にありがとうございました。



                             snowy


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1408-1f70d698
    この記事へのトラックバック

    最近の記事