学習会へ 

2013年12月07日 23:56

筑紫野市「障害」児・者問題を考える会さんより、ご案内をいただいて学習会へ参加しました。

講師はよか隊の西田尚美さん。よか隊さんは筑紫野イオンの黄色いレシートキャンペーンでご一緒したことがあり、その時に古着や生ごみリサイクルをされていることお聞きして、お話をしたことがありました。
2010年に筑紫野市環境課の入札、委託を受けて「衣類リサイクル事業」を行われ、翌年「就労継続支援A型施設ノア」を開設、2012年8月、「循環レストランのあ」をオープン。他にも子育て支援や食育などでも活動されています。西田さんは「家族を救ったおかんのあったかご飯」を執筆されておられ、タイトル通りの大らかであたたかいお母さんの感じが伝わる方でした。

ご主人さまが農業を担当されているそうですが、生ごみをたい肥にして野菜を作り、その野菜は「循環レストランのあ」(宇美町)で食材になったり、販売をされたりしているそうです。法律上の問題で、町から生ごみをもらうことができず、スーパーからもらっているそうですが、1日でたい肥になるので(どんな機械なんでしょうね?)毎日10kgの生ゴミでは足りないそうです。もっともっと野菜を作ってブランド化して関東の方へも販売したいともお話されていました。
先日、エ・コラボでの環境課出前講座で聞いた生ごみの減量を思い出し、減らしたいと欲しいがどうにか上手く繋がればいいのになぁと思ったりしました。

繋がるといえば、A型を始めたきっかけがお嬢さんが繋いだ、れんこんさんの八木さん(奥様)との偶然、いや運命の出会いだそうで、私たちもお店を訪ねいろいろとお話したりした八木さんと繋がっておられたことにちょっとした驚きと親近感を持ちました。帰りに西田さんとも直接お話をさせてもらい、宇美町のお店に食事に行くことも約束しました。

筑紫野市「障害」児・者問題を考える会さんの月例会の中で開催された学習会、お声かけしてもらい感謝いたします。とても良い勉強ができました。ありがとうございました。



                           snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1436-65a7c901
    この記事へのトラックバック

    最近の記事