防災会議へ

2014年02月24日 22:51



今日は午後から本年度2回目の防災会議に参加しました。
事前にいただいていた地域防災計画(原案)を、エ・コラボという立場で参加しているので障がい者について書かれているところを重点的にチェック、付箋を貼ったり疑問点などノートに書いていきました。会議に出席されていた他の方の計画書にもたくさんの付箋が貼られていました。

午前中に別の所で防災のことを話していた時に、なにげなく「知的障がいと身体障がいは違うの?」と聞かれました。
(障がいも様々だと前置きをして)知的の人は自分で歩いて逃げられる方もいるけれど、身体の方は車椅子や身体を動かせない方もいて、誰かが家の中まで手助けに行かないと逃げられないと言うと「そうかー!」と納得されました。
私にとってはその疑問がとても疑問でもあり、大きな気付きにもなりました。みんなわかっているんだろうと思っていることがその立場でないとわからない。会議中、議長である井上市長はたくさん意見を出して下さいとおっしゃられます。自分が会議に参加している責任を改めて感じました。

福祉課より報告がありましたが、現在登録されている要援護者は582名で、うち376名は個別ネットワーク決定済(64.6%)だそうです。福祉避難所も総合福祉センター以外に太宰府特別支援学校や同朋園などと協定が結ばれていて、今後も増えて行くそうです。安全に移動しやすい所に福祉避難所があるのは有難いことです。

住民だけでなくお正月3ヶ日には200万人もの観光客訪れる太宰府です。行政、自治会、各団体、ボランティアがそれぞれが協力をして乗り越えなくてはいけません。会議では新たにマニュアルの資料もいただきました。より良い太宰府市地域防災計画ができるように、たくさんの方が努力されています。



                            snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1462-c7d554d3
    この記事へのトラックバック

    最近の記事