12月の備忘録 見学と話し合い

2014年12月16日 12:26

師走というくらいにあっという間に過ぎる12月
12/4(木)福岡市にある臨海3Rステーション
運営をされているNPO法人エコネットふくおかさんの方から、スライドを使ったお話と館内を実際に見学をしながら説明を受けました。
IMG_1461.jpg
ここで実際で働いているひとたちはみなさんボランティアさんで、毎日40~50名の方が来られているそうです。(登録は150名)5時間拘束の有償ボランティアで、定年退職や子育てが終わり時間にも余裕がある方が多いそうです。
建物の規模も、運営費もボランティアの数も、さすが150万人都市だと思いました。
IMG_1450.jpgIMG_1465.jpg
IMG_1468.jpgIMG_1490.jpg
ただ規模ややれることの違いはあっても、もったいなーいという気持ちや、使えるものはゴミにしないで販売したりリサイクルするという基本は同じです。販売スペースはエコラボバザーの超豪華版(笑)を見ているようで参考にしたいこともあり、ちょっと買い物もしたかった。
各所で働くボランティアさんも別の角度からみると、とても楽しそうに作業をされていて生きがいの場にもなっていると感じました。

生ごみコンポストや資源回収も行われています。
IMG_1493.jpgIMG_1504.jpg
IMG_1503.jpg
わたしの町の紙リサイクルボックス エ・コラボ回収庫みたいで親近感の覚えます。
IMG_1534.jpg
古い布団の真綿を洗浄してできた製品 実際に紡ぐ様子も見学しました。大きさで値段が違います。これは100円でした。
今のエ・コラボや太宰府で、このような手間のかかるリサイクル製品をつくることはできませんが、エ・コラボに持ち込まれるものでどうにかできないかなぁと思うものはたくさんあります。衣類以外の寝具や布製品、食器や雑貨類 バザーで販売できる状態でないものを持ち込まれたりします。別の製品にしたり、リユース食器として活用したり、欲しい人に無料で譲ったり・・今回の見学でヒントになることがたくさんありました。今日は太宰府市の環境課さんのお世話になり一緒に見学させて頂きました。市民目線と主婦目線、行政目線で太宰府でできそうなことを考え、小さな1歩でも始まるといいなぁと思います。

IMG_1529.jpg
12/8(月)の夜の話し合い。これまたいろいろな方に集まっていただいて、幅広い観点から意見交換。エ・コラボの甘さを今更ながら自覚、いろいろな話が出たことで、自分達は何がやりたいのか、やらなくちゃいけないのか整理ができた。
とてもとても貴重な時間となりました。12月のおいそがしい時期に集まっていただいた方に本当に感謝いたします。ありがとうございました。

この2つ アップが遅くなりましたが、後で必要なるかも・・と活動記録も兼ねた記事です。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1597-7874a85e
    この記事へのトラックバック

    最近の記事