福岡県中小企業家同友会 筑紫支部さんの4月例会へ

2015年04月16日 23:22

IMG_2355.jpg
筑紫野市生涯学習センターで開催された福岡県中小企業家同友会 筑紫支部さんの4月例会に参加させていただきました。

テーマは『障がい者がつなぐ地域と企業』 報告書はとびうめワークセンター施設長の福本慎吾さん。
企業家の方々を前に、障がい者の現状やA型、B型事業所の説明、数字や金額などもオープンにしてとてもわかりやすい発表をされました。これまで何度も福本さんの発表をお聴きしていますが、回を重ねるごとに施設長、福本さんの成長を感じます。企業家としての障がいのある人の雇用、商売を発展させる考え方、人としての福本さんの障がいのある人に向き合う姿勢、『(困難なことも)大変と思わずおもしろいと思ってやる』 
エ・コラボの2人はこんな風に障がい者と関われる福本さんは本当に素敵な人だと心から感動しました。

福本さんとエ・コラボが知り合ったのは、5年前の大山会長の講演会の日です。大山会長の講演会をしなければ出会えなかったかもしれない、出会ったとしても今とは違う関係だったはずです。そして大山会長の講演会で福岡県中小企業家同友会さんともご縁が生まれました。バリアフリー委員会さんの存在を知り、私たちだけでなく企業家の方々も障がい者雇用を考えていること、実際に雇用されていることも知りました。一方からでなくいろいろな方向からものを見なければいけない、違う立場の方々とも協力し合うことができるとその時から思うようになりました。

報告の後
”我々が障がい者に対してできることはないのか?そのためにはどうしたらよいか”というテーマで話し合いました。
どうしたら雇用できるか?と一生懸命に考えてくださる企業家さん方に、感謝の気持ちで一杯になりながら保護者として、いきなり雇用でなくても、障がい者施設に名刺の発注をする、応接室など障がい者の絵を掛けてみる。その代金は障がい者の賃金になります。そして短時間の実習受け入れでもその子の将来を応援することになることをお伝えしました。
もっと障がい者のことを知らんといかんね~、障がい者と自分達をつなぐもの(ネットワーク)が必要だと言われました。
障害者就業・生活支援センターの存在が重要、もっともっと日頃からのネットワーク作りが必要だと思いました。

最後になりましたが、私たちにお声かけくださった フルガード代表取締役 U様 本当にありがとうございました。
とても幸せですばらしい学びの時間になりました。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1636-7a79a265
    この記事へのトラックバック

    最近の記事