大宰府政庁市民まつり2016  翌日編

2016年10月02日 18:06

IMG_6384.jpg
まつりを飾っていた行灯も資源回収のため積み込まれています。
市民まつり翌日、回収業者へ受け渡しの立ち合いをするために奥にある集積場所へ向かいます。この立ち合いの仕事を受けることで資源物の売却の収益をエ・コラボがいただいています。(金額がわかったら公開します)

IMG_6385_20161002170945a82.jpg
集積所に着くと、ゴミの山がひとつだけ・・・??。資源化するものと、ゴミとして処理するものの置き場が分けられていませんでした。
IMG_6388.jpg
山の中から、ペットボトルやアルミ缶、プラなどの袋を引っ張り出して仕訳、幸いに今年はゴミの量自体が少なくて良かった。

IMG_6386_201610021638090d5.jpg
ゴミのチェック 
ゴミはCSで処理、透明のゴミ袋を使っているので、黒やピンクのゴミ袋があるのはおかしい・・
IMG_6392.jpg
IMG_6402_20161002163725114.jpg
家庭用のピンクの袋は燃えるゴミ用なのにビン、缶の表示がされ入れられている。
IMG_6393_20161002170946de8.jpg
黒の袋の中身はビニールシートなどで、業者から出たものならば持ち帰らなくてはいけません。ピンクの袋のビンの件はあとからわかったことですが、ゴミ処理の仕方などのルールがまず職員さん同士できちんと統一されず、伝わっていませんでした。

以前は看板を立てて業者の出したごみは持ち帰るように表示がされていましたが、
SANY0398_20161003020308227.jpg
今年はなかった。

IMG_6390.jpg
クリーンステーションが生まれるきっかけとなったのは、まさにこの集積所!
私たちだけが最終的なゴミの現状を知っていて、その多さ、内容に驚き、ゴミ袋を開け分別したことから始まります。当時の環境課の職員さんも問題意識を持っていて共に働きCSが生まれ、課を越え市内にも広がり協働事例で県から表彰まで受けました。うるさいおばちゃんたちと思われるやろうけど、そんな話を伝えながら今年できなかったことを来年はできるようにと”ゴミ袋に手を突っ込み分別した仲間になったね”と今の担当の職員さんに話しました。来年は期待してますよ。

IMG_6408.jpg
業者さんへの積み込みは職員さん方も手伝ってくださって短時間で終了です。本当に楽になりました。みなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!! 次の土曜日は市役所前でバザー&フリマです。またまたお世話になります、よろしくお願いします!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1780-28d4a06f
    この記事へのトラックバック

    最近の記事