映画 スタートライン 観てきました。

2017年09月10日 23:16

IMG_1628.jpg
太宰府市プラムカルコアで開催された”映画スタートラインの上映とトーク”
今村彩子監督、そして実行委員会の山口さんとのトークから始まり、映画上映

生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督が、自転車屋さんで働く哲さんを伴奏者(撮影者)に自転車で沖縄から北海道・宗谷岬までの3842キロメートル、57日間の旅をする。コミュニケーションがテーマ、耳が聞こえないということがコミュニケーションを取ろうとする時に不利になるのは理解できるとして、それ以外の部分で人と人がコミュニケーションを取ることの難しさや姿勢など監督や哲さんと自分も旅をしながら、人と向き合うこと、コミュニケーションって何だろうといろいろ考えました。

と書くとカタくて小難しい感じがしますが、笑いながら楽しくみられる映画でした。自転車屋さんの哲さんの言葉がいちいち素晴らしく「お坊さん??」と思うくらいだったり、”叱る”というのはこういうことだと思うほど真剣に監督を叱ります。哲さん何者?っていうくらい素晴らしい。(空手家で自転車屋さん) 監督も自分の気持ちを出しそして泣く。

旅でいろいろ方と出会うのですが、監督は耳が聞こえないのでだまっているのに、言葉が通じないと勘違いして英語を話そうとする人たちの姿に、笑いながらも相手に障がいがあるとは思わず、こういう反応をするんだなぁと思いました。「私耳が悪いので・・」と言ってるんですがね。

今回の上映に協力された太宰府要約筆記の会「ちくし」さん、太宰府手話の会さんなど、メンバーさんには日頃からエ・コラボもお世話になっています。お天気にも恵まれ遠くからもたくさんの観客がお見えになり盛会で本当に良かったと思いました。お疲れ様でした!



コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/1863-c6176be9
この記事へのトラックバック

最近の記事