BBQ!

2008年06月21日 23:13

ドタバタです。


今年もモトニノの会社のBBQに参加させていただいてきました。
昨年行われていたエリアに人影がなく、どこであっているのか会社の中をクルクル。
そう、モトニノがお世話になっている会社は、とっても広い!
結局わからず、入り口に戻って守衛さんにお尋ね。
食堂横にテント張って、すでに始まっておりました。早く聞けばよかった。


この会社は、若いお母さんがたくさん働いておられ、
「家族同伴BBQ」となると赤ちゃんから小学生くらいの子ども達がいっぱい。
会場には、アンパンマンのキャラクターが登場し、大盛り上がり。
んっ!?あの飛び抜けた頭は…モトニノでは、ないですか~。
バイキンマンと握手して、喜びよる~。
こんなんで、仕事ができよるんやろうかと心配になる。


今年も同じ課の方がたくさん声をかけてくださいました。
「お世話になっています。ご迷惑かけてないですか。」と話す私に
「大丈夫です、ちゃんと叱ってますから。」と笑ってくださる。
「でもね、ほんと頑張ってますよ。カタログ2000組作るのってほんとにすごいことなんですよ。
ただ波がありますからね、のってないな~と思うときは、違う仕事してもらっています。
モトニノは、その仕事を好きじゃないみたいで、『○○をやって』って言うと嫌そうにしてます(笑)。
でも、『仕事だよ』っていうと『お仕事ですかぁ?同時進行で?リアルタイムですか?』とブツブツ言いつつも、始めてしまえば頑張ってます。
『そうそう。同時進行、リアルタイム』って、言うと喜ぶんでそうやってみんなで声かけしてます。
○○の仕事は、梱包材を機械にセッティングして7分くらいたって巻き終えたら一旦抜き取って、
またセッティングして…って感じの仕事なんですけど、
別の部屋でカタログ作りながら7分くらい時間がたったら、○○の部屋に移動してやるんです。
モトニノは、時間にこだわる分、配分がうまくて移動に無駄がないので、効率よくできるんですよ。
カタログの方は、のってる時のモトニノには、誰もかないません。
ただ、研修の人が来て一緒に作業することがあるんですけど、それも自分の箱に入れてカウントしたりすることがあって『ズルは、だめやろ~!』と叱られたりもしてます」
と、話を続けてくれました。


モトニノは、自閉症という障がいがありますが入社にあたって
私が‘自閉症‘についてお話したり、対応についてお願いしたことは、一切ありません。
支援センターからも特にないと、聞いています。
会社のみなさんがモトニノと接しながら、モトニノの性格や自閉症の特性を見抜き
自然に、社会人として当たり前に対応してくださっているのが
話てくださる内容から伝わってきて「すご~い!」と思わずうなってしましました。
「みなさんと一緒に仕事をさせていただいて、本当にありがたく思っています。
家でも自分の食器以外をさりげに下げてくれたり、お風呂から上がった私に扇風機を向けてくれたり、
色々と、今までなかった様な行動もとれる様になって、親が教えてやれんことを会社で教えていただいてるんだと思います。」と、言う私に
同じ年くらいの子どもさんがいらっしゃると言われてたその方は、
「そう言ってもらうと、私たちも嬉しいです。母親が多いですからね、みんな同じ気持ちですよ。」
と、話ながら私につられて、もらい泣きしてくださってました。
みなさん、ほんとにありがとうございます。
周りの理解とマッチングした仕事に巡り合えれば、
障がいがあっても事業所で働くことは、できる。
このことを会社のみなさんは、証明してくださっています。
一般就労を目指すみんな、頑張ろうね。


BBQですが、今年も遠慮して近づけず(笑)。
それでも胸いっぱいになったからお腹は、すかずでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/207-22790c05
    この記事へのトラックバック

    最近の記事