寄宿舎の夏祭り

2008年07月11日 23:42

Image019.jpg今日は待ちに待った夏祭り
夏休み前のたのしいイベントです。

子どもたちは、グループごとに出し物や飾り付けなどを考えて準備をし、当日を迎えます。
保護者の方でも、グループごとに模擬店を出店、学校や福祉施設からも出店があり、学生ボランティアさんたちも加わって、寄宿舎前のスペースがにぎやかな夏祭り会場になります。


Image027.jpgこのグループの出し物は、もうすぐ開催される北京オリンピックにちなみ生徒たちが代表アスリートに大変身して登場
聖火に点灯する場面では歓声があがったりしました。とても楽しい出し物でした。










Image034.jpgこちらのグループは、サングラスをかけて、いつもの優しい表情の生徒たちからカッコつけたお兄さんに変身  みんなサングラスが似合ってました。
氣志團 に変身し、歌と踊りをバッチリ決めてくれました。
学生ボランティアさんたちと、笑顔で御神輿を担いでいるのも良かったよ!







Image037_20080714232856.jpgこちらは、ピチピチの女子高生の女子グループ
はっぴで揃えて、かわいさも倍増でした。
かわいさと、男子よりも迫力があったりする(笑)元気パワーで御神輿を担いでいます。










Image021.jpg寄宿舎名物 寄宿舎太鼓
寄宿舎に入って、練習を始めた1年生にとって、緊張のデビューの場です。
親は、寄宿舎に入ったわが子が自分から離れた場所でどのように生活しているのか、心配は絶えないのですが、初めて太鼓を叩くわが子をみると、寄宿舎で頑張っていること、力を付けていることなど、1学期間という短い間でも成長をすごく感じます。本当に感動をします。上級生になっても、難しい太鼓が叩けるようになったり、技術もアップしていて、毎回上手くなったと感動は続いていきます。
親がわが子を育てるのは当たり前のことですが、他人に育てていただき、同年代の仲間と生活することで得たものはたくさんありました。
わが子は3年生になり、すべての学校行事が最後になっていきます。ホッとする反面、とても寂しくもなります。
残された行事や学校生活を、思いっきり頑張り、楽しんでもらいたいと思っています。

先生方、学生ボランティアさん、施設からの出店のみなさん、お世話になりました。楽しい夏祭りをありがとうございました。
                                      by/snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/216-a950274e
    この記事へのトラックバック

    最近の記事