20年ぶりの再会

2008年08月02日 22:55

ドタバタです。

めちゃくちゃ個人的なことなんですが。すんません。
今日高校時代の友人が東京からやってきて、20年ぶりに会いました。
正直最後に会ったのが何時なのかも覚えてないから、もっと経ってるかもしれない。
高校時代、一緒にバスケットで汗を流し、OL時代もしょっちゅう会っていた仲の良かった友達。
独身最後の旅行も彼女とでした。
モトニノが生まれた頃から縁遠くなり、彼女が転職して東京に行ってからは、疎遠になってしまいました。
そんな彼女から、「連絡先分からなくなくなってたんだけど、古い住所録が出てきた」と
ひょっこり電話がかかってきたのが1年前。
それからは、たまーに携帯メールで連絡をとっていたのに、
私の携帯がデータバックアップしないまま突然壊れて、また連絡とれなくなった。
また、疎遠になるのかな~って思ってたところに、「出張で福岡帰るけど、会える?」
とメールが届いて、突然会うことに。
20年も会ってないと、懐かしいより恥ずかしいが勝ってた(笑)。
でも、昔の友達ってホント不思議。
まるで、昨日も会ってた友達のようにフツーに会話が繋がる。
「うどんが食べたい」と、いう彼女と東京には、ないというごぼう天うどんをすすっていることに
なんの違和感も感じない。


彼女、もうかれこれ15年くらいエステサロンで働いてる。
銀行員だった彼女が美容の仕事に転職して、東京に行くって聞いた時は、ビックリしたけど
もともと、とってもおしゃれな人だったし、なんか分かる気は、したけど。
それでも、その勇気には、恐れ入った。
モトニノの多動が一番すごい頃で、羨ましい気持ちもあった。そんなこと思い出したりもした。
東京の人と結婚し、2度の出産を経て再び、別のサロンで働き始めた彼女は、家庭と両立しながら
出張まである様な仕事を今でも続けている。
「頑張るね~」と言った私に「だって私は、家にいる生活を望んで東京に行ったわけじゃない。」と、きっぱり。
そうだった。彼女は、そうゆう人だった。ちいさな体で人の何倍も頑張る人だった。
懐かしい思いで話に、涙が出る程笑い転げながらも、
彼女が夢を追いかけて起した勇気ある行動が今、こうして継続してることに心の中で拍手を贈ってた。


20年ぶりに会った彼女は、トーゼンきれいであか抜けていた。
分かっちゃいたけど、同じ年とは、言え私との見た目は、歴然とした差があった(笑)。
見た目も、やってることも20年たってずいぶん違っちゃったけど、私も頑張るよ。
私も勇気出して、覚悟してエ・コラボの活動を始めたはずだった。
最近、なんだかあの頃の気持ち忘れてたなぁ。
…元気が出る麻雀教室の白野さんのブログにあった言葉。
「人は、たまたま出会う。そのまますれ違うか、関係が継続するかは、その後のアクションを起すかどうか」。
ありがとね。アクションおこしてくれて。



おみやげもありがと!モトニノが「アンドーナツの様なおいしさです」と言うてました。
安心な街 001


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/225-45c81a29
    この記事へのトラックバック

    最近の記事