卒業生を囲む会

2008年08月03日 23:12

Image017~01今日は寄宿舎の行事で”卒業生を囲む会”があり朝から筑後へ行ってきました。今年で25回目になるそうです。みんなで寄宿舎の歌を歌い会が始まりました。出席者1人1人の簡単な紹介があり、来られていた卒業生の中には、わたしとそんなに年齢の差がない方や、結婚されてご主人と来られている方もいらっしゃいました。卒業生だけでなく、退職された先生方も来られていて、寄宿舎の歴史を感じました。その後は、進路指導のK先生のお話 パワー溢れるこの先生のお話は、いつのまにか聞いている方も元気になってしまいます。先生の口癖は”あきらめない” こんなにやる気全開パワーの先生も、進路指導という仕事の中で、理解のなさや差別を感じて落ち込んでしまうときがあるそうです。落ち込んだときには、これではいかんと!思い直して、教え子たちの就職先に尋ねていかれるそうです。そこで元気に働く教え子たちに会い「先生、仕事を頑張ってるよ」という言葉と笑顔を見て、「よーし負けないぞ、頑張るぞ!」という気持ちになるそうです。落ち込んだときにも、立ち直れるその強さを、私も見習いたいと思います。
その後、卒業生の発表 みんないろいろな経験をしながら今に至っている。1回ですんなりと決まることは少ない、あきらめないことで次の道が開けると思ったのでした。来年、わが子はこの会に参加したときにどんな所に属しているんだろうか、就労しているのか、訓練しているのか、施設にいるのか、もしかしてなんにも属していなかったらどうしよう・・・そうだとこの会には来きらんかもしれないと思ったりします。ここに来られる卒業生は、落ち着いた生活ができているんだなぁと思うし、今苦しい立場にいる人たちも、目標を目指して頑張って欲しいと思います。私も焦らず、あきらめず頑張ろうと思います。
午後からは、太鼓やレクリエーション 太鼓はしばらく離れていても、身体が覚えているみたいで、みんな上手に楽しそうに叩いていました。
img030_20080803224330.jpg
進路指導のK先生が、歌詞見ると涙が出てきますねーと言っていた寄宿舎の歌  寄宿舎で生活するのもあと半年になりました。家ではできないたくさんのことを教えてもらって本当に感謝しています。  
                                    by/snowy
                      
 

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/226-8dd47471
    この記事へのトラックバック

    最近の記事