FC2ブログ

第26回太宰府市民政庁まつり (アルミ缶回収編)

2008年09月27日 23:57

Image049_20080929095004.jpgエ・コラボの”太宰府市民政庁まつり”での活動として、昨年度からアルミ缶回収を行っています。
これは、一括燃えないゴミとして処理されていたものを、アルミ缶の回収箱をエ・コラボで準備をし、市民の方に分別して捨ててもらうことに協力してもらい、時間を決めて私たちが回収。アルミ缶はリサイクル業者の方に引き取ってもらい、利益は”障がいのある人の働く場”設立資金として積み立てています。市に提案をして、了解を得て活動を行っています。
<写真は、朝、アルミ缶の回収箱を設置している様子です>
Image050_20080929095012.jpg
今年は、アルミ缶に加え、ペットボトルとあんどんに使われた紙類などもリサイクルするようになりました。
リサイクルが推奨され、どこのイベント会場でも、分別して捨てられるようにゴミ箱が別れているようになってきていますね。








Image012.jpg時間になったら、袋と火ばさみを持って、7ヶ所設置してある回収箱へ行きます。
ゴミの回収は、市の職員の方、ボランティアさんで行ってありますので、子どもが小さいときにお世話になった職員さんにも回収場所でお会いします。「もう高校3年生になりました。来月は職場実習に行きます」などと近況報告をすると、「頑張ってね!」と子どもに声をかけてくださいます。確か、昨年もお会いして、同じシチュエーションで話をしたなぁ~。1年はあっという間。  
また、子どもと同じ養護学校の同
Image005_20080929095058.jpg級生のパパさんが、わっ!と子どもに声をかけてくださり、お互いの子どもの話をしたりしました。
この夏、子どもが初めてアルバイトでお給料をもらってきて、すごく感動したことを聞くと、同じ親としてその気持ちすごくわかるし、父親として子どもを温かく見守り応援していることが伝わってきます。
子どもを育てていくことは大変ですが、パパの協力もあることで、ママもより頑張れると思います。

作業している人と、挨拶したり声をかけあったりしてこれもいいカンジです。
アルミ缶の回収では、中身が入ったままだったり、また灰皿変わりやゴミが入っていたりするものがあって、こうなるとリサイクルには出せません
分別すること、リサイクルできるような捨て方も意識してもらうと、この場所だけの話でなく、ゴミ減量、そして環境にいいことだと思います。
本日、アルミ缶回収に、ご協力いただいたみなさんありがとうございました。
Image011_20080929095125.jpgImage007_20080929095108.jpg
Image010_20080927220818.jpgImage009.jpg

Image024_20080929095243.jpg余談ですが・・・
市職員さんでCATのメンバーさん、お昼にあった時、別府のお茶会の話を聞かせてもらいました。今日は、一日中こうやっておまつりの裏方のお仕事です。
ドタバタねーさんと話をしていましたが、おまつりが行われるまでの準備、当日の進行や、気持ちよくまつりが行われるようにゴミ箱管理やトイレのお掃除、後片付けと気がつかれないような所で支えているたくさんの人たちがいること、エ・コラボの活動を始めてから、イベントが行われるとそのような所にも目が行くようになりました。
支えてくれている人たちに感謝しながら、楽しめたらいいですね。
みなさん、本当にお疲れ様でした。
                                    by/snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/266-fa480ec3
    この記事へのトラックバック

    最近の記事