買い出しの間にまちづくり

2008年11月22日 23:56

経常収支比率68% まちづくり予算2500億 全世帯ソーラー発電 大企業を誘致 全天候型体育館がある・・・

主催者は井上太宰府市長 講師は久留米市市民活動サポートセンター事務局長の今村晃章さん 「さぁ協働をはじめよう!in太宰府」に申し込んでいたのでドタバタ&snowyで参加してきました。

「きょーどー」・・・って、何?って基礎の話から、事例、注意点などのお話
その後ワークショップ「キョ~ド~deまちづくり」 
一枚の模造紙に一本の川を書いて、予算はどんだけ使ってもいいという大判振る舞い(笑)の条件で班で協議してまちづくり。私の班は、女性は私1人(5~6人で構成された班が10班まであったけれど、各班女性は1~2人でした)まずは自己紹介、行政区の区長さん、行政の方2名、エ・コラボでお世話になっているエコのこともやられているKさん、そしてフツーの主婦の私でした。この5人でまちの町長さんを決める。町長さんはしゃべるだけ、模造紙に書くことはできなくて、その他の4人がマジックでまちを描く

川に橋を渡す。道路を引く。必要な施設、住宅スペース、緑地や公園、そうだでっかいイオンを作って小さな商店街も両方が活性化するようにしたい! 大企業も誘致しよう!!TOYOTAがいい?でも今自動車産業はどうなんだろう・・・ たくさんの税収が得られるのは何がいいだろう。学校や病院、図書館もいるし、野球場も公園も体育館も・・ 実務に長けた人がヘッドハンティングに合って班を移動してしまうなんていうアクシデントも乗り越えて、1枚の紙にまちをつくる。
出来上がった10のまちの発表を見ていると、似た感じのものもあるけれど、競馬場や温泉があったり、旧住民と新しい住民の生活の場が別れていたり・・・ わがまちは経常収支比率68%と言われた(仮)町長さんもいました。実際にそんな数字の自治体がこの日本にはないやろうし、もしあれば即引っ越しだ! 理想を描くのは楽しい作業やけど、現実はねぇ・・・

セミナー後、同じ班の若手の行政マンの方がこられて「先日はどうもありがとうございました」とちゃんと名前も覚えていてくださってお礼を言っていただいた。少し協力をしたことがあったのですが、ちょっとしたことでも、こうやってお礼を言ってもらえるとまた協力できることがあればしようという気持ちになる。部下の人がいいのは、上司がいいんやろうね~。大げさでない挨拶や感謝の気持ちを表すこと、私も忘れないようにしようと思う。人が理解し認め合うための第一歩。

2008-9-19.jpg実は、今日は朝から、明日の手をつなぐ会の”草取りパーティー”の花苗などの買い出し。ビオラにデージー、ノースポールにアリッサム 車の中は花の香りでいっぱい。セミナーが終わって、また買い出しへ。
明日はなんとかお天気も大丈夫そうだし、たのしい一日になりますように!
ドタバタねーさん、朝の鍵開けから、本当にお疲れ様でした

                                     by/snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/312-bdff4a8b
    この記事へのトラックバック

    最近の記事