わすれられないおくりもの

2009年03月18日 22:02

今日もリポビタンDを飲んで、お弁当を持って「行ってきます!」と仕事へ 
お昼ご飯は男性3人で、わが子が出すなぞなぞで盛り上がっているようです。今度の休みは友達と会えるので、嬉しそう。 よかったね!
IMG_0275.jpg
ドタバタねーさんは、配布し終わった通信、わたしもご近所さんへお届けに、いつも犬と散歩しながら配布だったけれど、今日からはひとりで行かないといけない。
犬がいる生活に慣れたように、犬のいない生活に慣れないといけない。
13年近くの生活パターンが変わるのだから、時間がかかる・・・。まだ、ふとしたときに居るような感覚があって、これが終わったら散歩に行かなくちゃなんて思う。散歩しながら、よく通信の文章を考えてました。パソコンしてる時、洗濯物を畳む時、いつも傍にいたし、お風呂に入っているときも、すりガラスの向こうに茶色く丸くなっているシルエットが見えていました。障がいのあるわが子の成長を思うとき、小学校への登校の練習も、実習の時のバス停までの見送りも、毎日散歩のふりをして見守りをしました。キャンプや山登り、遊ぶ時も大変な時にもいつも一緒にいた犬への思いは尽きません。
IMG_0282.jpg
先日、ピンポ~ン と夕方ベルが鳴って玄関に出ると、友達のOさんが「これ読んで・・これくらいのことしかできんけど」と言い、プレゼントしてくれました。この本はとても有名ですが、私は持っていませんでした。読みながらまた泣いたけれど、自分もこういう気持ちに変わっていくんだろうと思います。励ましてくれて本当にありがとう

命は本当に儚くて、必ず消えてしまいます。
生きていく時、大切なものと永遠の別れをするのは本当に辛いです。
でも、その時に温かく支えてくれる人のおかげで、時間はかかっても立ち直れます。今回、本当に人の優しさや温かさを感じています。

夕食の買い物に行く時、そうだ、AちゃんやSちゃんが働き始めたお店にしようと行ってきました。ちょうどSちゃんが帰るところで、お店の方に「お疲れ様!」と笑顔で声をかけてもらっているところでした。
職場の方は、帰るSちゃんの後ろ姿を優しく微笑んで見てありました。こういう場面を見るとわが子のことのように嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいになります。私も追いかけてSちゃんに声をかけてきました。

障がいがあってもなくても、きついことを一生懸命頑張らないといけない時はあります。でも周りに温かく受け入れ支えてくれる人がいることで、乗り越えられるしまた元気になれるちゃんね。


                                     by/snowy



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/413-fb76457f
    この記事へのトラックバック

    最近の記事