幸せのお菓子  エ・コラボカフェでお出しするもの

2009年07月28日 22:46

地域で”ゆるやかネットワークづくり”が目的のエ・コラボカフェ、障がい児・者支援の私たちが行うカフェなんだから、市販のものに加え養護学校や福祉施設で作られた食器なども実際に使ったり、時にはお菓子も用意してみようって感じで準備をしています。(食器は私物で販売はしていません。お菓子などはダイエットしてる方もいらっしゃると思うので、必要な方のみ購入して食べる方式です)

たちばなケーキ
2009_0728_133958-IMG_0443_20090729095228.jpg

2009_0728_134112-IMG_0449.jpg今月のカフェでは、たちばなケーキを準備してみました。これは先月の通信39裏でお知らせしたオリジナルスマイルを運営するたちばな福祉会の事業所、菓子工房ぷぷるで作られたものです。他にもクッキーなどの焼き菓子もあります。

これいいなぁと思うものがあっても、広報力のあるもの以外は、日常生活の中ですごく意識をしないと養護学校や福祉施設で作られたものに出会う機会は少ないと思います。カフェがモノの存在を伝える場になり、気に入ったモノがあればこれからのモノ選びの中の一つに加えてもらう。カフェで人と人、人とモノのゆるやかネットワークづくり!!とカッコよく書いても、実際はエ・コラボでやれることは微々たるものです(苦笑)。ちょっとづついいなと思うものが人づてに広がっていけばと願ってます。不定期ですが、次は何が登場するか、どうぞお楽しみに~♪



幸せのお菓子
2009_0728_133758-IMG_0441.jpg

2009_0728_132120-IMG_0435.jpg太宰府政庁前にある三十三茶屋さんが、今日のカフェにどうぞとお茶とお菓子を午前中に持ってきてくださいました。先月もとても美味しいお茶をくださって、参加者でおいしいね!といただきました。今日はお菓子は小さな入れ物に入れて、グリーンティーは氷を入れて冷たくして参加者のみなさんでいただきました。この季節にピッタリなのはもちろん、色の組み合わせもとてもきれいです。
お菓子はさぬきのおいり。四国、讃岐は和三盆でも有名な所です。
見た目は雛あられのようですが、口に入れるとみなさん”おっ!”とその口どけにオドロキ!お慶びごとの引出菓子だそうです。幸せのお菓子と書いてあり、そんなお菓子の意味も考えて、差し入れしてくださったのかな~と思うと、とてもうれしくなります。本当にありがとうございました。


お気遣いなく手ぶらで来てくださいね!のエ・コラボカフェですが、個人の方にもカフェに差し入れをいただきます。お名前を出すのは差し控えます。
本当にありがとうございました。


                                   エ・コラボより
                                   (by/snowy)

今月のカフェの様子はまた後ほど

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/513-a874e7d3
    この記事へのトラックバック

    最近の記事