ピース(かけら/平和)展

2009年09月15日 21:08

ドタバタです。
サイドバーにある「ピース(かけら/平和)展」についてのご案内をさせてください。


福岡市にある社会福祉法人「手をつなぐ育成会」には、福祉訓練事業というのがあって、
公園清掃などを通して、知的障がいのある人が作業技術の習得や、生活指導を受けることで就労自立を目指す訓練を受けることができる制度があります。
市内に7か所あり、そのうちの1つに私の友人が訓練指導員として従事している関係で、このイベントのことを知りました。
チラシをいただいたんですが、文字がちょい小さいので老眼の私には、厳しい(笑)。
見にくい方もおられるかと、改めて書いておきますね。
福岡市植物園の訓練指導員の方が一生懸命取り組まれて実現したイベントだそうです。
「工房まる」の樋口さんもとっても熱い方でしたが、彼らの作品を社会に出して行くには、
こんな熱い思いのある方の存在が欠かせないのかもしれませんね。
エ・コラボのイメージキャラクター?もピースです。なんかご縁を感じます。
私も行ってみようと思っています。

              「ピース(かけら/平和)」展 
 
日時    10月14日(水)~22日(木)…19日休館日
                          10時~18時
会場    FTスカラ(トヨタショールーム)3F
              渡辺通4-8-28

    
福岡市「手をつなぐ育成会」の福祉訓練生(福岡市植物園)の作品展示会





友人とは、「福岡県知的障がい者就労支援事業」で知り合いました。
6年前一緒にコンビを組み、事業所周りをして現場実習先を開拓しました。
そしてその開拓先にジョブコーチとして、知的障がいのある人とともに3か所の事業所に入りました。
彼女たち(20名ほどが関わった県事業でしたが、殆どの人が障がいのある人とは、あまり関わったことがなかった)が、障がいのある人と同じ職場で過ごすことで、時間の経過とともに自然なかたちで理解を深めて行ってくれたことで確信したことがあります。
「とにかく、つきあってもらうことが理解への近道なんだ。一緒に過ごすことで必ずわかってもらえる。」
だから私は、障がいのある人が一般社会でフツーに働く場を作りたいと思った。
たった4カ月間のできごとでしたが、その時の思いが私にとっての活動の原点の1つであり、今の私を支えてくれてる大切な経験です。
友人は、当時主婦業をしていた小さなお子さんのお母さんでしたが、県事業が終わった後に手をつなぐ育成会の指導員となり、今もなお知的障がいのある人達と関わり続けています。
このことも私に力を与えてくれます。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/542-c68b2c73
    この記事へのトラックバック

    最近の記事