考古少年になってみる! 「古代九州の国宝」展 

2009年11月26日 22:48

先週、20日家族で九州国立博物館へ行ってきました!!
(*画像はクリックで大きくなります。すべて九州国立博物館よりぶろぐるぽ用に、ご提供されているものです)
picture-7_20091127013855.jpg入ると、考古少年のなぞときメモという小さな冊子があり、それを見ながら(左写真のような大きなパネルもあります)気分は考古学者!?、展示物を違った観点で見ることができ、とても楽しく見ることができました。
博物館って、展示物を見て説明を読むだけのちょっと堅苦しいイメージがありますが、ここでは、好奇心を刺激し、知る楽しさを教えてくれる見せ方に工夫がされていて感心しました。私も子どもの時にこれを見たら、考古学者になりたい!って思ったかもしれません。展示を見た子どもたちの中には、将来本当に考古学者になる子がいるかも・・・

picture-43_20091127014335.jpg
疑問を持つこと、想像力を働かすこと・・・

picture-46_20091127014334.jpg
科学の力で復元 

展示会を見てもうひとつ
人って大昔からおしゃれ!、遊び心やデザインものが大好きだったんだなぁと思いました。
picture-71_20091127014334.jpg
picture-72_20091127014334.jpg
国宝の二つの太刀に描かれている動物たちのなんとかわいいこと!! 
現代でも、モチーフに使った商品があれば欲しい
picture-20_20091127013855.jpg
列車も飛行機もない弥生時代・・ ブレスレットの原料だった南の貝は、沖縄から海を渡り鹿児島、北部九州そしてなんと北海道でも見つかっているそう。珍しいものおしゃれなものが欲しい!のは変わらないってか、そのころからずっと今もなんですね。

picture-6_20091127013856.jpg
重要文化財 伝周船寺古墳 ヒスイ勾玉と金の鎖のネックレス 古墳時代にどうやって作ったんでしょう、鎖の精巧さとその美しさにうっとりします。

たくさん並んだ三角縁神獣鏡はよく見ると、ひとつずつデザインが違っています。他にも古墳内の壁画もきれいだった。見どころは他にもたくさん
今月29日(日)までの開催です! 見たい方はお急ぎください!!

                                 by/snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/608-69c44349
    この記事へのトラックバック

    最近の記事