第15回福岡県障害者水泳記録会

2010年07月17日 23:06

003_20100718010204.jpg



ドタバタです


ここ数年参加しているこの記録会が今年から障がい者国体の選考会になりました。来年度の開催地は、山口県ってことで「目指せ山口!」を合言葉に練習に励んできました。実は行けるかどうかは、問題でなくこうやって目標ができるっれことが嬉しかったりするわけで。
親とすればそんなすごいことまで望んでいるわけじゃないけど、そうやって子どもたちのモチベーションを上げて一生懸命ご指導いただいているKコーチには、ほんとうに感謝です。


会場はクローバープラザ。木曜日組から3名、金曜日組から4名の7名がエントリー。みんな精一杯頑張りました。同じまほろば俱楽部ですが、木曜日組の子どもたちの泳ぎを見れるのは、年に1回この日だけ。育ち盛りの中学生!体が大きくなっているのにもビックリするのだけれど、年を重ねるごとに泳ぎが上手になっている子どもたちに毎年涙ものの感動をもらいます。ってことで、今年も泣きました(笑)。プールサイドを走り回っていたあの子たちがきちんと並んで順番を待ちスタートの合図とともに泳ぐ。それがどんなにすごいことか、私たちはみんなわかっているから。しかも、ほんとに上手になってるんですよ!50M泳げるようになっていたり、クイックターンができる様になっていたり。ほんとみんな頑張ったね。


さて金曜日の子どもたち(たって26・24・20と17歳ですが:笑)は、「目指せ山口!」で大健闘!snowyは50M背泳ぎと50Mバタフライ、モトニノは同じ種目の25Mにエントリー。最後にリレーにも出場しそれぞれ3レースを泳ぎました。ついつい力が入ってしまうsnowyと、どこかのんびりしてるモトニノ。ほんとみんなそれぞれだね~(笑)。国体に行けるか結果はわかりませんが一生懸命泳ぎました。


障害者自立支援法施行後、身体・知的とそれぞれに分かれてあっていた大会が一緒に開催されるようになり、体の不自由な方々の泳ぎを見る機会が増えました。手・足・目…どんなに不自由さがあっても、立派な泳ぎをされます。つい感動したりするのですが、当たり前ですがみなさんは、感動させよう何ぞと思って泳いでいらっしゃる訳でなく、泳ぎたいから泳いでおられる訳で。でもそこから感じるのは、「何事も気持ちだ!」って。頑張る気持ちが不可能を可能にするってこと。さあ、私も体鍛えようっと。



お世話くださった関係者のみなさま、ボランティアさん今日もお世話になりました。毎年参加していると、ボランティアさんにも顔を覚えてもらって声をかけていただける様になりました。これもまた嬉しかったりしています。今年もありがとうございました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/748-c16d8da2
    この記事へのトラックバック

    最近の記事