FC2ブログ

ほおずき

2010年08月15日 07:10

004_20100721053550.jpg


005_20100721053549.jpg


ドタバタです


パプリカ並の鮮やかさ!こんなに大きくて色のきれいなほおずきを初めてみました。
昨年10月に亡くなった父にと、初盆に合わせてSさんからいただきました。父もきっと嬉しかったでしょうが、このきれいな朱色は、母も喜ばせてくれました。仏壇の横に吊るしているので、お参りに来てくださった方々は、みなさんが必ずそばに来て手にとって眺めてられます。ほんとうに綺麗です。Sさん、いつも細やかな心遣いありがとうございます。父にとくださったものですが、Sさんのやさしいお気持ちは私に対しての思いやりであることは、言わずもがな。他にも私の知人友人がお供えを託てくださって、「お父さんが、顔も知らない方からこんなにしていただいて」と母はしみじみ申しておりましたが、ほんとにそうだな…って思うのです。みなさんほんとうにありがとうございます。


話は大きくズレますが、エ・コラボの活動をしながら同じ様な事を思います。エ・コラボのメンバーである子ども達は、子どもと言ってももう大人で仕事に行っていたり、逆に学校に行っていたりで、活動を行う現場に当事者である彼らの姿が見えないことが多いので、エ・コラボは障がい者の団体であることがわかりにくかったりします。
まあ、名前もエコってついてたり、資源回収、川掃除、新聞エコバッグ工作教室とくれば環境団体?って思われても当然。で、おまけにサッカーまで関わったりするもんで、何の団体かわからんのもしょうがない(笑)。色々な所に参加させてもらっているうちに、なんかわからん団体やけど仲良くしてもらえるようになって、私たち親を通して‘障がい‘や障がい者‘に関心を持ってもらえるようになり、結果「エ・コラボの目標は、そうゆううことなんやね」とか「応援するよ」とかって言ってもらえたり、エ・コラボのメンバーになって一緒に活動してくださったりしています。



私たちは彼らの代弁者であり、親としてどうしてもお伝えしたい思いもある。私たちと知り合ってくだっさった事で、私たちを通して‘障がい‘や障がい者‘のことを知って、顔も知らない子ども達、障がいのある人を応援してくださってるみなさんですが、私たちにも同様にやさしさや思いやりをくださっています。子ども達とも一緒に活動できる機会をもっと増やしたいって気持ちはあるのですが、なかなか難しいのが現状だからこそ、「お母さん達も応援してるよ」とかけてもらう言葉を子どもたちに返せる様に、頑張らなければ!思うのです。


あ~!!頭が悪い。言いたいことが伝わんやろ~ねぇ…


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/774-d9e62e8f
    この記事へのトラックバック

    最近の記事