第30回手をつなぐ育成会福岡県大会

2010年09月25日 23:58

002_20100927090104.jpg



ドタバタです



クローバープラザにて、手をつなぐ育成会福岡県大会に参加しました。
しばらくサッカーや竹モノ(笑)イベントなどで楽しませていただいておりましたが、ここのところ地域福祉セミナー、とりわけ大山会長講演会のことで動いているので、多少なりとも「障がい者支援団体」らしさをかもしだしては、いるのですが!?制度や政策の話をこんなにじっくり聞いたのは、ホントに久しぶり。


300名近い参加者がある予定だとお聞きしていた通り、会場はたくさんの人でした。太宰府市の手をつなぐ会のFさんをお見かけして、お隣りへ座る。他にもお見かけする顔がちらほら。この大会は、福岡県(太宰府は県所属)・福岡市・北九州市で作られている「福岡県手をつなぐ連絡協議会」主催ってことで、麻生知事をはじめとし、福岡市長・北九州市長(市長は共に代理の方が出席)が壇上に。9月9日に参加したアクロス福岡での県事業にも麻生知事はご出席されていて、両日とも県が障がい者施設と共同開発した‘自立‘という名の焼酎のプロモーションをしてくださっていました。とてもよく売れているそうです。


長年に渡り障がいのある人を支援する活動を続けてこられた方や、顕著な功績を残して来られた方々の表彰のあと、全国手をつなぐ育成会副理事長でもいらっしゃる北九州市手をつなぐ育成会の北原氏より「中央情勢報告」がたっぷり90分ありました。お話を聞きながら感じるのは、障がい者施策はつくづく政治と切り離せないんだな、と言うことです。政権が変わるたびに、選挙で解散を繰り返すたびに決まりかけていたことが白紙に戻ってしまうけれど、それでも根気よく頑張っていくしかないんだと。こうやって生の声を聞くと、こんな方々が国に向けて働きかけてくださってるお陰で、少しずつ障がい児・者を取り巻く環境が改善されているんだと、頭が下がります。
午後には、「知的障害のある人たちの権利擁護の現状と今後」という基調講演や「障害があっても豊かで安心な地域生活の実現に向けて」という主題で行政・保護者・当事者によるシンポジウムが予定されていましたが、私は用事があり帰らざるをえず、大変残念でした。



003_20100927090104.jpg



私たちには、そんな力はないけれども私たちのやり方で頑張っています。…って訳じゃないんですが、この日の資料の中に「大山会長講演会」のチラシを入れていただきました。前日になって、資料ももう準備が終わっていたのに、急なお願いを快くお引き受けくいただいた‘福岡県手を手をつなぐ育成会事務局‘さん大変お世話になりました。ありがとうございます。たくさんの方に来ていただける様に、これからも広報頑張りますので、引き続き宜しくお願い致します。


私もおまけ(笑)。
嬉しいことに偶然モトニノがお世話になった雇用支援センターのY所長が前の席に座ってらして、「就職して6年目に入りました。」とお話すると「同じ職場で長く働き続けることができているのは、すごいことですね。良かったですね。」と喜んでくださいました。こんな報告ができる時、ほんとにシアワセだな~って思うんですよ。支えていただいたみなさんのお陰です。ありがとうございます。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/803-54c3a990
    この記事へのトラックバック

    最近の記事