11.20  太宰府・大山泰弘氏講演会 裏話3 / 応援いただいたみなさん

2010年12月28日 17:03

大山泰弘氏講演会
共催が決まった日から、私達と同じ意識で講演会に取り組んでくださった福祉課のみなさん。ほんとうにお世話になりました。遅い時間まで残って準備してくださり、当日8:30集合で忙しく動き回っていただきました。ドタバタの後ろでセロテープで案内表示を貼る準備をされてるM課長。商工会さんや九電工さんへも同行してくださったり、私達がやりたいと言ったことをいつも前向きに応援してくださいました。


IMG_7114.jpg
ビックリするような緻密な計画表を作ってくださったUさん。やりたい気持ちで暴走しそうな私達に、いつも適切なアドバイスをくれました。当日一番忙しかったのは、間違いなく彼女です。お2人にはどれほどお世話になったかわからない。本当に感謝しています。お2人と一緒に記念写真も撮れなかったことが心残り。



IMG_7115.jpg
最悪(最高?)の場合を考えて準備してくださったロビー席。画像を見ながら音声を聞くことができました。実際には、602席の会場に550名程の来場者で、必要のない席でしたが遅れてみえた方はこちらで聞かれた方も数多くいらっしゃったみたいです。このセッティングのためには、前日体育館から椅子を福祉課の方が車3台に積み込んでくださいました。実際には、会場会議室にあった椅子だけで賄えて、椅子は、終了後また体育館に戻しに行ってくださいました。こんな風に見えない所でもたくさんの方にお世話になりました。ありがとうございました。私達のわがままに付き合ってくださったGKさん(会場照明、音響などの設備のことを引き受けておられる業者さんです)もありがとうございました!



IMG_7981.jpg
左端にいらっしゃる筑紫女学園大学人間福祉学科のY教授、いつもアドバイスをいただいたりとお世話になっているY教授が、この講演会をぜひ学生さんに聞かせたいと、授業に充ててくださって2年生80名、4年生9名が来場されました。ボランティアにもどんどん使ってくださいと言っていただき、この受付の他にも託児室、駐車場案内、会場整理などとっても頑張ってくれました。こんなに潤沢なボランティアさんのいるイベントをしたことがないので、仕事を振り分けるのに悩んだ贅沢な経験は初めて(笑)。
また福岡市からボランティアにきてくださったHさん、手をつなぐ会のFさん。日頃の活動では、なかなか直接何かを一緒にする機会がない方々が「大山会長講演会」ってことで、こうして顔を合わせて一緒に活動することができました。やってよかったなぁ~って、ほんと思います。1日裏のお茶室でお茶やコーヒーを準備してくれたのは、筑紫野市と大野城市の友人。他市の方まで裏方を引き受けてくださっていました。



11.20講演会
貴重な2ショット!ご存じ大山会長と井上市長。市長は開会に先駆け楽屋に大山会長を訪ねてくださり、大山会長も感激していらっしゃいました。市長には、壇上でもご挨拶を頂戴しました。たくさんお力添えいただいた井上市長に心から感謝申し上げます。大山会長の著書”働く幸せ”も読まれていましたが、この日は、行事が4つも重なっていて講演が聞けないことを大変残念がっていらっしゃいました。
*この日のこと、まにまに日記に書かれています。


IMG_7143.jpg
楽屋での一コマ 大山会長にお会いして、緊張しっぱなしの私たちでした。
大山会長は楽屋で、時間の許す限りたくさんの方にお会いになられお話をされていました。会われた方はみなさん誰もが、その紳士的で謙虚な姿勢に感動されていました。実を言うとぜひ会って欲しい方がいらっしゃいました。大山会長のお話を聞かれ、実際にご自分のところで支援学校の生徒さんの実習を受け入れ雇用された事業所の方、生徒さんのご両親が会場に来られていました。snowyの子どもと同級生、このことはメールで会長にお伝えしたのですが、実際にご本人方がお話できたらどんなによかったか・・とても残念で悔やまれます・・
大山会長がお話されることで、実際に障がい者の雇用に結び付いている例がこの太宰府で身近にあります。この講演会はゴールではなく、出発点でもあります。


IMG_8182.jpg
講演会後、だいたいの片づけが終了した所で、福祉課のW部長に続いて、スタッフとしてお世話になったみなさんにお礼を述べさせていただきました。ホッとしたのと、感動でいっぱいだったのとで何を話したかよく覚えていません。みなさんに感謝している気持ちが伝わったでしょうか… 


IMG_8197.jpg
待っていてくださったみなさんと、記念撮影。お待たせしました。時間がなく帰られたみなさんごめんなさい。福祉課のOさんがキットパスで絵を書いてくれたホワイトボードも横に添えて。立ち位置でどうぞ、どうぞと譲り合いの場面 みなさんのお言葉に勧めていただいて、ドタバタ&snowyが大山会長の両脇に
 
IMG_8204.jpg
パチリ!  カメラマンTさんから「みなさん、表情堅いですよ。笑ってくださーい」


IMG_8207.jpg
と言うわけで、笑顔でもう一枚!!
福祉課W部長、協賛を申し出てくださった元気が出る麻雀教室のSさん、県の後援を薦めてくださって一緒に講演会を広げてくださったジャストヒューマンネットワークのKさん、快く司会を引き受けてくださったIさん・・
この他にもたくさんの方達が講演会に関わってくださいました。どれくらいの方にお世話になったか数えることもできません。
5月から準備を始めて半年、正直大変なときもありましたが、心の中にたくさんの感謝が生まれ幸せな気持ちで毎日を過ごさせていただきました。人が人と繋がること、自分にでききることでお互いに助け合うことの素晴らしさを改めて感じましたし、私達はたくさんの人達に支えてもらっていることを実感しました。斉藤投手並に私達も仲間を持っていました(笑)。



IMG_7149.jpg
写真撮影が終わったら早速お礼を言いに行ったモトニノと、失礼があっては、いけないとあわてて駆け寄るドタバタ。(ニコニコと見守るW部長と撮影を担当してくれたTさん) 
モトニノは、挨拶魔なんですぐ挨拶をしに行きます。「いいことよ」と言ってもらったりしますが、親はケッコーひやひやします。一般就労していることをお伝えすると喜んでくださって、「これからもがんばりましょうね」と声をかけていただきました。


Team ecolaboのメンバーを中心に学生さんが一緒にボランティアしてる様子が良かったとアンケートに書いてくださった方や、プラス行政のバックアップも見えて、実に素晴らしい講演会でしたと声をかけてくださった方もありました。大山会長の講演会を太宰府でやりたい!と思いお呼びしたまでは私たちですが、たくさんの違う立場の方々の協力をいただき講演会が実現しました。終わった今は、今は素晴らしい体験ができた喜びや感動をたくさんの方と共有しています。
こんなことができたのも大山会長が来てくださったからこそと改めて感謝しています。大山会長のますますのご活躍とご健康をお祈りし、またお会いできる日を私たちは楽しみにしています。

本当にありがとうございました!!


講演会の裏話やプロセスはまだまだ書き足りませんが、これでおしまい。


                          エ・コラボ ドタバタ&snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/861-9419c7e2
    この記事へのトラックバック

    最近の記事