自分たちのまちで出来ることを見つけに行こう!

2011年03月15日 21:22

社協さんの福祉バスを利用して、太宰府から糸島へ
IMG_8832.jpg
最初に着いた所は、第一野の花学園さん
IMG_8831.jpg
ここは障がい者の福祉施設、子どもがまだ小さかった時にも伺ったことがあります。
IMG_8826.jpg
野の花学園さんが行っている福祉サービスの説明もお聞きしたのですが、今日の視察の目的は”自分のまちでもできることをさがしに行こう”ということで、1970年設立という長い歴史を持つ福祉村のお話を聞くことです。病院、学校、福祉施設そして地域がつながって福祉村が生まれた経緯やどのように活動しているかなどお聞きしました。
IMG_8827 - コピー
地域の条件、特性(今津では、病院、学校、福祉施設が集まっていた)もあって、簡単に福祉村みたいなものが実現できるわけではありませんが、ネットワーク、規模の大小やカタチの違いはあっても集まれる場の必要性をますます感じました。説明後、施設内も見学させていただき、超!お買い得な切干大根もお土産に買って、野の花学園さんを後にしました。野の花学園さん、そしてご説明いただいたCさんありがとうございました。

さて時間は正午を過ぎ、お腹ペコペコで向かった先は”前原古材の森”さん
IMG_8886.jpg
土間のスペースに団体席を作って頂いて、美味しい食事をいただきました。
IMG_8837.jpg
IMG_8841.jpg
雑穀米のご飯、お味噌汁、デザート付(お肉かお魚か選択) 
糸島ランチ1100円
IMG_8843.jpg

IMG_8842.jpgまず、M社長とエ・コラボをつないでもらったのはふくおかNPOセンターさん、素敵な方が太宰府にいらっしゃるとM社長の存在を教えて頂きました。
そして一昨年、環境フェスタ”まほろばのもり”の開催にあたり、環境についても取り組んでいらっしゃるMさんにもお声かけしたらどうだろうと思い付き、環境課のEさんと北谷にある会社へ訪問しました。まほろばのもりでは、コンポストをやっているエコともさんとつながり・・という流れで、まほろばのもりの参加メンバーには、おなじみの方です。先日の竹とつながるでもご一緒しました。

食事後、そのM社長からこの建物についてお話を伺いました。
本業は建物を解体する機械を取り扱う会社のM社長、民家再生に関わっていらっしゃったこともあり、解体の時に出た梁や柱などを販売をしていたそうです。ここ前原古材の森は、駐車場にするということで解体を依頼されたそうです。しかし建物をみてその素晴らしさに驚き、解体しないように依頼主を説得してこの建物が今あるそうです。
IMG_8874 - コピー
もとは豪商のお宅、みなさんお店に入ると「うわー!」と思わず声が出てしまうとてもすばらしい建物です。M社長が解体してはいけないと思ったその気持がわかります。喫茶や食事以外にここをひとが集まるスペースにしたいと、コンサートやマーケットなどいろいろな催しが行われています。
太宰府にも、このような素敵な場所で人が集えたりイベントができるコミュニティスペース、あればいいな!!
IMG_8873 - コピー
IMG_8845.jpg
IMG_8879 - コピー
再生したもの、新しいものが混在、内装や照明もどれも素敵なものばかりでした。奥のお座敷もとても素晴らしいものです。行く価値ありのエ・コラボ一押しのお店デス。

IMG_8858.jpg
今、誰もが何かしたいと思います。
大きな機関や組織も連携することが肝要だと思いますが、バスの中でドタバタが話していましたが、最終的には人と人が顔見知りになってつながっていること。つながっているからこそ、何かあった時にも安否確認ができる。今日、ご参加頂いたみなさん同士、次にどこかで会った時は「先日はどうも・・」と声掛け合ってもらえたら・・企画した本日エ・コラボ観光バスツアー(笑)は大成功です。

また一緒に新しいものを見つけに行きましょう~
ご参加してくださったみなさん、社協 福祉バスHさん、本当にありがとうございました。
                             エ・コラボ snowy

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ecopisu.blog102.fc2.com/tb.php/901-5d323eea
    この記事へのトラックバック

    最近の記事