FC2ブログ

年末年始のエ・コラボ回収庫

2015年12月24日 04:58

年末年始のエ・コラボ資源回収庫について
12月28日(月)~1月4日(月)まで回収庫はお休みです

通常日曜日はお休みですが、27日(日)は年末特別開放をいたします。
今年のお持ち込みは12月27日(日)17:00までです。
どうぞよろしくお願いします。
IMG_1437.jpg

まほろばのもり2015 

2015年10月25日 23:23

絶好のお天気に恵まれ”まほろばのもり2015”が開催されました。
IMG_3700.jpg
紅葉している木々もあり、太宰府ならではの自然を感じながらの環境フェスタです。

エ・コラボは(株)宮崎&協働わーくすエ・コラボで今年も出展
テーマはリサイクルとリユースのちがいって?
IMG_3687.jpg
リサイクルとリユース 環境にやさしいのはどっち??というクイズを出題。
リサイクルとリユースの違いは、形を変えるかそのままかの違いがあります。
形を変えずきれいにしたり、修理をして使い続けるリユースの方が基本的に環境に優しいのです。が、このクイズの目的はもっと環境に優しい”リデュース”(ごみそのものを減らす)を伝えることでした。
お役立ち情報などをお伝えしながら、クイズに答えてくださった方には(株)宮崎さん提供の再生トイレットペーパーをプレゼントしました。
IMG_3693_201511021124203fb.jpg
新品、リサイクル品も販売しました。お買い上げくださったみなさん、ありがとうございました!!

IMG_3711.jpg
IMG_3706.jpg
まほろばのもりで生まれた”クリーンステーション”昨年は県から表彰を受けました。
IMG_3709.jpg
その時のパネルも並べ、今年はどれだけ会場のごみがリサイクルできたかも発表しました。なんとリサイクル率77.7%でした。

IMG_3717.jpg
まほろば自然学校のIさんの1本〆で終了!! 
今年はお天気も良くて本当によかった。みなさん、お疲れさまでした。

食べ物ブースが減って、お昼ごはんに困られた方もいらっしゃったようで、これは来年への課題です。

人権まつり実行委員会 in エ・コラボ

2015年10月21日 20:15


人権まつりが動き始めました。茶話会形式になって4年め、今年はエ・コラボ事務所からスタート。お茶飲みながら膝付き合わせて話すことで、会議とは違うざっくばらんな意見が飛び交います。
ホール、展示、テント村とそれぞれ担当がありますが茶話会では、みんなで話をします。展示やホールにどうやったら、沢山の人に行ってもらえるか‥色々な事を総体的に考えてみる。昨年雨で大変だったテント村も含めて会場レイアウトの大胆変更案も出ています。これから毎月、話し合いを続けてみんなで盛り上げて行きたいと思っています。

お菓子やお花まで準備してくださった教務課Hさんありがとうございました。M先生の野菜を使った手作りお菓子も美味しかったです。ごちそうさまでした。

大宰府市民政庁まつり2015 翌日編

2015年10月04日 02:07

IMG_3448_2015100601182551a.jpg
まつりから一夜明け、9時に会場へ みなさん撤収の作業をしてあります
IMG_3452.jpg
奥の集積所に向かう、集めてある紙あんどんもゴミではなく資源回収しています。
IMG_3454.jpg
ブルーシートにかぶされているのがゴミ、周りにあるのは分別されたアルミやペットなど資源回収に出すものです。来場者6万人のゴミがこの量でこれだけ分別してあるのってすごくないですか!それに生ごみは事前に集めているし缶などは水ですすいでいるので臭いもほぼなしです。きれいです。
IMG_3462.jpg
ゴミを見ながら環境課さんと昨日の反省 異動になったYさんからバトンタッチして今年からHさんです。
クリーンステーション以外に会場内でゴミを拾ってくれているスタッフへの指示(可燃・不燃用の袋2つを持つ・その分もできるだけCSで分別回収してはどうか) 出店者へのゴミ処理法の説明が不足・・
IMG_3467.jpg
まほろばのもり”の時と同じく、出店者が持ち込んだものは持ち帰り、お客さんに販売後に出る容器や袋などのゴミはCSで回収というルールを出店要項に盛り込む、説明もする。(↑のような発泡の容器はここには捨てられないはず)
そして出されるゴミも多様化、CSで資源化できるようにどこまでやるのか、やらないのか検討が必要です。

IMG_3459.jpg
ペットボトル・アルミ缶・紙類・ダンボールは(株)宮崎さんへ
この分は資源化となり収益はエ・コラボの働く場の資金とさせていただいています。
IMG_3473_201510060119154d0.jpg
地域づくり課さんも協力、先ほど通路にあった紙あんどんも運ばれて宮崎さんへ
IMG_3481.jpg
行政(地域づくり課+環境課)+NPO(エ・コラボ)+企業(株)宮崎 
立場が違うもの同士が協力できるってことがいいね!
みなさん最後までお疲れさまでした!

太宰府市民政庁まつり2015 CSスタッフ活動編

2015年10月03日 23:24

快晴のイベント日和~
IMG_3373.jpg
大宰府政庁跡で開催される市内最大の市民まつり 2013年よりゴミ箱廃止、全面CS(クリーンステーション)化となり、今年もエ・コラボはスタッフとして3ヶ所設置されているCSのA班にお手伝いへ行きました。
IMG_3374_2015100602215447f.jpg
↑入り口に近いB班 元環境課のYさんも見守る一番いそがしい班です
IMG_3380.jpg
エ・コラボは奥にあるA班で分別回収のお手伝い
手前にあるバケツに入れた食べ残しは油機エンジニアリングさんが協力して処理
IMG_3382.jpg
食べ終わった容器は重ねてもらいます。(コンパクトになりゴミ袋も節約できる)
IMG_3396.jpg
IMG_3419.jpg
リサイクルする缶やペット、プラカップなどは水で軽くすすいでもらいます。
IMG_3406_20151006022227b88.jpg
これは家庭で出す方法と同じです。きれいになり臭いも軽減、気持ち良くリサイクルできます。
分別にはほとんどの方が協力的、子どもさんと一緒に「これはプラね」と親子で分別される母娘さん、「お家でもされているんですね」と声かけするとニッコリ頷かれました。子どもさんが上手に分別できると褒めるパパさん、とても素敵な光景でした。
私が対応して拒否されたのは2名だけでした。アルミをすすぐのを「もういい」と去られた中年男性、ゴミを持ってきてやったのにお客に(分別を)させるとか!と言った男性の高齢者、モチロン強制はせず男性の高齢者の方からはゴミの袋をそのまま受け取りました。ゴミの分別が苦ではなく自然に分けられるように、小さいころから日頃から行う習慣が大切だと思いました。

IMG_3414.jpg
昼間から夕方になり、そして夜へ お天気の心配もなくてすごく来場者が多い
IMG_3439.jpg
ゴミや資源物はすべて計量して記録。夜8時過ぎの終了までみなさん本当にお疲れさまでした。通りすがりに声かけてくれたプラムランド時代の保護者の方も(その知り合いの若者も)急遽スタッフ(笑)になってお手伝い。ありがとう!!

その他
CSスタッフの合間に、日舞やゴスペルを見に行ったり
IMG_3408.jpg
IMG_3436_20151006022306169.jpg
IMG_3429.jpg
毎年恒例、宇久島の出店で五島うどんの夕ご飯。
もらった金券ではまゆうさんのお店でお菓子を購入。
IMG_3417.jpg
シュークリームの差し入れもいただきました。ありがとうございました。


古都の光  大宰府政庁跡 TeamSeichou 

2015年09月23日 23:10

9月23日(水)古都の光 大宰府政庁跡会場  今年も猫の手並みですがお手伝いへ
IMG_3264.jpg
世話人さんの挨拶、指示のあと それぞれ分担してお手伝い
IMG_3278.jpg
IMG_3271.jpg
自治会ではなくTeamSeichou(有志)で運営するこの会場は、福農の学生さんなども参加
IMG_3281.jpg
子ども達の灯籠を並べ終わったところでポツポツ雨・・・
スマホ片手に雨雲レーダーでチェック 世話人さんもやむなく中止の判断
IMG_3283.jpg
並べた灯明を回収、砂やろうそくは元に戻す。
IMG_3262.jpg
昨年は60基ほどの蓮の花が、今年は500基ほどあったそうです。
雨が降りだす前に車の中に避難して無事。
IMG_3289.jpg
作業が終わって、三十三茶屋さんのおふるまいのお弁当をいただきました。
参加者は多めにいただき、帰宅後、わが家でも美味しい夕食になりました。

屋外なので天候に左右されるのは仕方ありませんが本当に残念でした。
この会場で出た紙類はエ・コラボの回収庫へ出されています。
美しいイベント、リサイクルできるものはリサイクルへ 環境にも配慮されています。
(絆創幸の募金箱も置かせていただくことになっていました)




まほろばのもり2015 宝の地図(チラシ)ができました!

2015年09月08日 23:03

IMG_3175.jpg
いよいよ来月25日になった”まほろばのもり2015”話し合い形式は今回が最後で最終確認と班に分かれて話し合い。

エ・コラボはクリーンステーションチーム。
今年は来場者に資源化していることを実感してもらえるように、会場で出たゴミ(資源になるもの・ゴミとして処理)をお見せします。

初の試みですが、市民まつりの規模ではできないことも、まほもりなら始められます。なんせここでクリーンステーションが誕生したのですから。
リサイクル意識が高まったところで、家庭での実践方法を 生ごみについてはNPO法人太宰府障害者団体協議会さんが、紙リサイクルについては、私たちエ・コラボがお伝えします。市の方ではゴミの行方やプラゴミが出せる所を案内されます。
このように会場全体で連携してお伝えします。

トレジャーマップ!?も完成。 森へ宝物を探しに来てください。
*開催・会場案内ですが、今までにない色使いで宝の地図のようです。


打ち水大作戦 2015

2015年08月01日 22:28

IMG_2936.jpg
太宰府市主催「打ち水大作戦」が西鉄五条駅前広場で行われました。
IMG_2937.jpg
まほろばのもりのPRも。
この日は、気温35度を超える猛暑日!会場付近は、舗道の照り返しもあってなんと47度‼︎‼︎
IMG_2938.jpg
そんな中浴衣でMCを頑張る生活環課のSさん。

テントの中では、まほろばのもりチームによる竹の水鉄砲作りのワークショップ。
IMG_2939.jpg
お隣のテントでは、商工会さんによる金魚&めだかすくい。
IMG_2940.jpg

16時、芦刈市長の合図で打ち水スタート。
IMG_2941.jpg
IMG_2942.jpg
例年通りあっという間に水の掛け合いに…(笑)。

IMG_2943.jpg
雨水等を貯めたバケツが空っぽになる頃には、この温度に。ずっーと温度計とにらめっこだったTさんお疲れ様でした。

IMG_2944.jpg
最後にまほろばのもりの案内をして終了~。10月25日は、ぜひ市民の森へ遊びに来てくださいね。

竹切りから今日まで頑張って下さった皆さん。お手伝いできなくてごめんなさい、本当にお疲れ様でした。


ふれあいパーティー

2015年03月22日 11:58

ドタバタです。また写真小っちゃいです。
monさん毎年3月の恒例、西高宮校区青少年育成協議会主催ふれあいパーティーにモトニノと参加してきました。今年は、monさんの出演もあって、いつもに増して楽しみに伺いました。ステージには、上がらず各席と同じ高さで唄ってくださったmonさん、歌も語りもお人柄もとっても素敵。合間にお話しさせていただいたら、午後は、絆創幸4に来てくださったスマイリーのY先生と糸島で東北支援イベントだそう!一気に話が弾み、1円玉募金のカードももらっていただきました。

ダンス年々腕を上げる、ダンスパフォーマンス。日頃、まったく歌や踊りに関心がないモトニノですがここでだけは勝手に前に行って踊るんですよ。何をやっても受け入れてもらえるって安心感なのかなあ。



着ぐるみ交通安全を訴える着ぐるみ登場。モトニノに背中のファスナーを上げてくれと禁句を発している着ぐるみさん(笑)。




豚汁地域の方が作ってくださったごはん。参加できない方にもおにぎりの協力をお願いして、「おにぎりが参加する」ことで、地域の方がつながってる話をmonさんに伝えたら「絆創幸と同じですね」と言ってくださった。



ゴミ「ゴミマニアなんで写真撮らせてください」とお願いしたらスタッフさんにビックリされてしまった(笑)。昨年までビニール袋が下がっていたのに、今年はこうなってた♪




輪最後は、みんなで輪になっしあわせなら手をたたこう!体育館いっぱいに広がった参加者。




こちらからおじゃましている障がいのある仲間や親子、ボランティアさんだけでも70名。ざっと200名くらいになるのでしょうか・・地域の子ども会、更生保護女性会、民生委員児童委員協議会、社会福祉協議会他、校区の各種団体さんでお世話くださって障がいのある人とふれあうためにさんさんプラザやクローバープラザで水泳サークル活動を行っている‘レインボー‘のみんなをお招きいただいています。こうゆう事できる地域力、凄い。今年もありがとうございました。

人権まつり茶話会 

2015年03月19日 23:10

ドタバタです。
久しぶりに書いたら書き方忘れてました。写真のサイズ大きくしきらん(T_T)
茶話会
今年度最後の茶話会。当日の振り返りをしながら、来年に迎えての話も出てくる。仕方のない事だけど恨まれるのは、天気。あのドロドロのテント村から泥だらけの靴で会場に行くのは、やっぱり厳しかった。入りづらいレイアウトだった4階やテント村の会場は、来年変更する必要があるのかな。

それぞれの団体が当日感じたことを話、また感じたことを重ねて話が膨らんでいく。まじめに、楽しく人権や地域のことを語る場。今年楽しく参加させていただきました。

毎回手作りでお菓子を持ってきてくださるM先生。絆創幸カレーも作ってくださいました。他の皆さんにもたくさんお世話になりました。ほんとうにありがとうございました。この日1円玉募金のカードの説明をしたら早速K先生がお菓子の紙皿を下に引いて、みなさんに回してくださいました。写真撮り損ねたけれど、1円以外にもたくさん募金してくださいました。ありがとうございました。

また来年度、よりよい人権まつりになりますように。茶話会も楽しみにしています。



”じんじん” 太宰府で上映のお知らせ

2014年12月26日 00:42

”じんじん” http://www.jinjin-movie.com/
20年前から”絵本”を真ん中に、人と人の心が通う「絵本の里づくり」を掲げ、読み聞かせをしている北海道にある剣淵町を舞台に、親子の絆と絵本の力を描いた映画です。
img132.jpg

img133.jpg

太宰府の人たちも温かいつながりを作りたいという有志の方々が
「じんじん」を太宰府で観よう実行委員会を立ち上げられました。

上映は
1月18日(日) 10時~12時10分 / 15時~17時10分 
プラムカルコア太宰府 (太宰府中央公民館) 市民ホール
前売り 一般 1000円(当日1500円) 小中学生(一律)800円
    
映画の収益金は太宰府市民図書館への絵本寄贈に充てられます。
私たちエ・コラボも協力団体として名を連ねています。
チケットについてのお問い合わせは、エ・コラボでも承ります。
心温まる映画です。どうぞ見てくださいね。


エ・コラボ回収庫 12月1日は臨時閉鎖

2014年12月01日 07:45

エ・コラボ回収庫は移転のため 12月1日は臨時閉鎖いたします。
12月2日からは以下の場所にお持ち込みください。
よろしくお願いします。
idouzu.jpg

バザー&フリマ 商品のご提供ありがとうございます。

2014年09月10日 15:27

9月14日(日)バザー&フリマ 開催が近づいてきました。
太宰府市社会福祉協議会さんと太宰府市NPO・ボランティアセンターさんに窓口になっていただいて、バザー品の受付をしています。これまでお持ち込みいただいた皆さま本当にありがとうございました。
事務所までお持ちくださった方、個人的にご提供いただいた方、団体の方に呼び掛けて商品を集めてくださった太宰府手話の会さん、元気が出る麻雀教室のスタッフさんと参加者の方、みなさま本当にありがとうございます。
IMG_0278_201409101526389ca.jpg
商品の受付は引き続き13日まで行っています。11日、12日(9:00-17:00)はエ・コラボの事務所へ直接のお持ち込みでも大丈夫ですので、どうぞよろしくお願いします。
IMG_0274.jpg
最初はバザー品が少なくて心配していましたが、たくさんの方のご厚意でいろいろなものが集まりました。どうぞ見物がてら14日には、太宰府市民プール前の地域包括支援センター2Fにお越しください。

第10回エ・コラボバザー&フリーマーケット
9月14日(日)10:30~15:00
場所 太宰府市地域包括支援センター2F
まほろば号市民プール前下車 駐車スペースもあります。


                                 snowy



太宰府市・筑紫野市合同総合防災訓練へ 

2014年09月01日 21:34

9/1は「防災の日」 松川運動公園で行われた太宰府市・筑紫野市合同総合防災訓練へ。
IMG_0175.jpg
IMG_0157.jpgIMG_0180_201409012036566a1.jpg
本番同様のたくさんの訓練が行われました。斜面に駆け上がりブルーシートを広げる、土砂で埋もれた車や建物からの救助、避難所設置。消防や警察、自衛隊、ガスや電気関係・・そして住民もバスで避難。訓練とはいえサイレンや放送が流れるとちょっとドキッとしました。

圧巻だったのは救助のヘリ。アナウンスだけだと思ったら、発煙筒から出る煙を目標に本物がやってきました。
IMG_0191.jpg
IMG_0193.jpg
離れた場所からですが、人が釣り上げられヘリに救助される場面を初めて見ました。私たちも日頃からの意識と備えとはいうもののどこか真剣じゃないところがあって、こうして厳しい訓練で鍛えられている方々の姿を見ると感動と尊敬の念を抱きました。

IMG_0208_20140901203658c5c.jpg今回もカレーの炊き出しが200食準備されていました。分別の表示が貼られたバケツに分けて捨てるようになっていましたが、燃えるゴミの中にもカレー皿が入っていて(最終的には燃えるゴミにはなりますが)、きちんと分別しようと思うとやはり人が1人必要かなと思いました。避難所でのゴミの問題を考えるとやっぱり炊き出しだけでなくゴミのことまで訓練の一つだととらえてもらいたいなと思いました。
IMG_0220.jpg

IMG_0222.jpg
今日は防災委員で案内が来て参加しましたが、市報でも案内がある一般の方も参加できるものです。今年は太宰府市が当番で行われていましたが、計画、準備、本番とどれほどご苦労されただろうと思うほど素晴らしいものでした。行って良かった!

                                        
                               snowy



「三日坊主のススメ」 ボランティアは三日坊主でいい

2014年08月31日 09:29

フェイスブックを見ていたら、いま話題になっている記事について書かれている方がいて、リンク先の記事を読んでみました。
アイスバケツ、有名人に広がる“違和感表明”ブームに感じる違和感
私は(多分、ドタバタも日頃の会話から賛同すると思うのですが)この記事の中に登場する大野さんの考え方に賛同したので、エ・コラボのブログに書くことにしました。

*以下青い文字は記事から抜粋
講演会などでボランティアの話を聞いて「やってみたいです」と意欲を見せるものの、95%近くの人が「でも、本当にできるかどうかよく考えてからじゃないと……。中途半端になるとご迷惑だから」と尻込みしてしまうのだという。そして、「たいていは来ない」。……これについて大野氏は、“中途半端になっても構わない”という。
「せっかく熱い想いがあふれたのに、それを時間の経過とともに風化させ、忘れてしまうのは、もったいない。チャンスを逃すことはないと思うのです」~~~  たとえ一時的に盛り上がって、そのうち忘れてしまっても、「微力でも自分も何かをした」「心を動かされた」という感情が“いい思い出”として残れば、また何かの機会に別のチャリティでもやってみようと思うかもしれない。

エ・コラボでも、継続的に関われない、良いところだけ手伝うのは申し訳ないと真面目な方はおっしゃって遠慮されることがあります。その方の考え方なのだからそこを私たちにかえることはできません。でも、1日だけ、1時間だけ手助けしてもらえるだけでも本当に本当に助かるのです。9月に行うバザーでも仕分けや搬出入、販売には何人も人手が入ります。お手伝いしてくれる方大歓迎です。

「病気と闘う子どもや、そのご家族と同じ痛みは共有できないし、「すべての人にすべてのこと」はできない。けれど、「誰かにほんの少しずつ」を積み重ねていくことはできる。――それが私に唯一できる精一杯だと思うのです」

私たちは障がいのある子を持つ母ですが、障がいの種類もたくさんあるし状況も様々。障がい児の親同士でも共有できないことがたくさんあります。みんながそれぞれに問題解決や改善のために努力されています。他者を応援しようとしています。「誰かにほんの少しずつ」思いは太宰府の団体さんや個人の有志で行っている”絆創幸”という活動の根本にある考え方と共通しています。

興味を持ったら、ちょっと勇気を出して鼻を突っ込んでみる。
IMG_1538.jpgIMG_1552.jpg
どのように自分が選択するかは自由である。


                                 snowy

お父さんだってがんばっている

2014年07月02日 22:31

フェイスブックを見ていたら、障がい支援*福岡おやじたいというサイトに目が止まりました。
・障がいを持つ子どもたちの主に父親に対する、啓発活動
・障がいを持つ子どもたちに対する、将来(就労等)への活動支援
・広く一般の方へ、障がいに対しての認知(広報)活動

6/21日にフェイスブック開始されて、すでにいいねが500件以上。父親が力を出せば、母親のネットワークとは違った形で実社会でその力を発揮できると感じます。シンボルの絵は「親子のゴリラ」で太田宏介さんが描かれたもの、ピュアハートのことなども書かれています。
会員の中には、6月に障がい者就労支援A型事業所ワークオフィス絆結(ばんゆう) (春日市春日公園5-2)
を開設された船越さんもいらっしゃいます。
ワークオフィス絆結(ばんゆう)関連記事 
「順五の一日」
RKBNews


私たちの時代は父親は一生懸命家族のために仕事をする。母親が家事や育児、教育を受け持つという感じでしたが、それぞれに役割分担はあっても、今は男女関係なく仕事を持ち、家事や子育ても協力する。障がい児の子育ても、パパの協力やいっしょに育ててるという気持ちがあればママも頑張れます。また家族だけでなく、地域に仲間がいる、支援機関があるということも大きな支えになります。

エ・コラボもフェイスブックがあります。 現在 いいね!は46件 こちらも”いいね”をよろしくお願いします(^^)
協働わーくす エ・コラボで検索してください。

                                    snowy



イオン黄色いレシートキャンペーン 贈呈式

2014年04月23日 22:51

ドタバタです。
すっかりさぼってしまっていました。遅ればせながらイオン黄色いレシートキャンペーン贈呈式のご報告です。


「11日は、黄色いレシートキャンペーン」の日、ってことで4月11日、贈呈式が行われ2013年下期レシート投函分の1%=8000円分のギフトカードをいただきました。ありがとうございました。

002_20140423224719608.jpg
参加団体は、前に出て簡単な活動紹介をさせていただき、一巡したあと改めて名前を呼ばれて前に出て、一人ずつカードを受け取ります。この写真は、同じく参加団体の太宰府市障害者団体協議会のHさんが写してくれました。恥ずかしいので小さくしました(^_^;)


006_20140423224717fc5.jpg


このお金で回収やイベントを手伝ってくださるみなさんとお礼の懇親会を開くことができています。以前は、社協さん経由で「赤い羽根共同募金分配金」をいただき「地域サロン」としてこのようなこともやっていたのですが、ここのところ社協さんにご協力ができないもんでご辞退している為、こんなことに使えるお金は、このカードのお金だけなんでほんとうにありがたいです。お金を貯めている団体としては、資源回収やフリマ、イベントの収入は、1円だって無駄には、使えませんから。

005_201404232247173bd.jpg
毎月当番を決め複数で立たれている団体さんのBOXには、こんなにもいっぱい投函されています。どちらも筑紫野市、超地元の団体さんで、顔見知りの方がたくさん買い物に来られてますしね。ちなみにエ・コラボは、12番(スカスカ~:笑)私たちも呼びかけに行かなくちゃ、と思いつつ毎月都合がつかずにおります。申し訳ないな~。

ちょこっと掲載されました

2014年04月08日 09:28

この指止まれ
ドタバタです。

昨年の11月からマルチステークホルダーをテーマに県内の12の活動事例を‘ふくおかNPOセンター’古賀桃子さんが紹介された「西日本新聞 このゆびとまれ みんなが主役の地域づくり」が3月31日を以て終了しました。「太宰府市のクリーンステーション」も12月2日に掲載され、その記事を読まれてFM福岡「コスモ アース コンシャスアクト」でも紹介していただくなど、私たちのなかでは、年末年始の大きなニュースでした。今回古賀さんに取材をしていただいたことで、色々な振り返りや確認ができ、次につながる大きなモチベーションになりました。こうしてまとめの回の記事を拝見すると、尚更です。掲載してくださったことに改めてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。


かかわる人や組織の間で無理のない役割分担を図ること。今更ながらに、これが太宰府にクリーンステーションを誕生させてくれたんだな~と思います。事務所のある市の土地で体育館建設が始まる今年は、エ・コラボにとっては、大きな変化の年です。自分たちだけで決めれることでは、ないので市の担当者のみなさんにご相談しながら進めなければなりません。「障がいのある人の働く場」つくりに向けてもクリーンステーションと同じ様に色々な人にかかわっていただけるとありがたいな~と思っています。

環境フェスタin太宰府2014 プランニングテーブルNo.1

2014年03月19日 22:54


いよいよ今夜から環境フェスタ2014が始動!今日は環境フェスタの最初を振り返るところからスタート。
環境課の担当者もこれまではEさん、Mさんと男性の方でしたが、今年は若い女性の職員さんということで雰囲気もすこーし変わった感じ。最初はカタい空気が流れていたけれど徐々にいろいろな意見が出されるようになりました。

SANY0957 - コピー
時期はこれまでと同じ秋、日にちも仮決定(変更もあるかもしれません)。
そして会場、3年目までは市民の森、その後、水城跡、市民プール前広場(エ・コラボの事務所がある看護学校跡地)と毎年変わっています。会場決めはいろいろと考えなくてはいけないことが多く、いろんな視点で意見が出ました。今年はどこになるか決定していませんが、候補地は3つに絞られました。女性らしい柔らかさで進行、バサッと切る時は切る(笑)この潔さに好感が持てました(笑)
いろいろと課題はあるけれど、どしゃ降りの雨の中でも、会場が変更になっても開催してきた経験で、協力し合ってその年らしいイベントができると思います。
最後のお知らせのコーナーでこの環境フェスタで生まれ、市内のイベントに広がっているクリーンステーションが記事になったこと(西日本新聞のコピーを資料として配布)その後、FMラジオでも紹介されたことを皆さんにお伝えしました。

次回は4月15日(火)19:00~ いきいき情報センター 多目的室です。興味がある方はぜひご参加くださ~い。



                            snowy


H25年度安全安心のまちづくり推進大会

2014年03月09日 23:01

004_201403111559537e3.jpg

ドタバタです。

今年も安全安心のまちづくり推進大会の案内をいただき、参加してきました。会場に入ったとたんに目に飛び込んだ、警察、消防署、消防団、地域パトロールの方々の制服やジャンパー…市役所の方々もいっぱい。なんか、またしても場違いなところに来てしまったか?!今回「NPO関係者」カテゴリーで参加させていただきましたが、こんな感じのおばちゃんは、とっても少ない感じ。

001_20140311155952d7a.jpg

今回の大会は、2部構成でまずは、防災のお話から。防災のセミナーや講演会には、何度か参加していますがいつも聞くだけに終わってしまっているなと~反省します。今回の資料は、このナップサックに入っていました。せっかくいただいたんで「非常時避難場所・指名・住所」を書き込んできちんと備えをしようと思います。我が家は、太宰府特別支援学校が近く、自閉症のモトニノのことを考えれば、この福祉避難所を記入しました。

太宰府には、海はないけれど想像を絶する、これまで経験をしたことのないような大雨が降ることだって、地震や竜巻だって考えなければいけません。大事なことは、「自分の命は、自分でまもること。」「命を守る行動をとること」。果たして無理をして避難所に行く方がいいのか、家で待機をした方がいいのか…その時に「判断と決断」をするための避難イマジネーションを持つことが重要。「その時」に備えて、避難場所までの避難経路を何パターンか歩いてみておくことも大事だそうです。
特別警報が出てから避難したのでは、逃げ遅れるとのこと。我が家から支援学校にいくまでには、川があるし、そういえば入り口の門って鍵どうなってるんだっけ???…日頃から考えてないといかんですね。


多賀城市に派遣されていた市職員のS氏による報告、防災減災都市宣言、学業院中学校思想学部演奏、水城自治会防犯活動発表、消防団女性部寸劇とかなりのボリューム。最後にも講談師のような熱い口調の安全安心まちづくりアドバイザーの方の講演があり、約3時間半盛りだくさんの推進大会でした。


002_201403111559527e3.jpg


終わったあとは、パトロール隊の出発を参加者でお見送り。白バイを先頭にしてパトカー、青パト、消防車とたくさんの車が見回りに出て行かれました。学業院中の演奏が終わったら帰られた親子が多かったんですけど、子どもさんこれも見ると喜ぶと思うんだけどな~。ほんと、いつの間にか会場から人が減ってしまっていて…残念な感じでした(-_-;)


003_20140311155951995.jpg


外では、寒い中市役所と婦人会さんによる多賀城市支援チャリテーぜんざいが。私も終了後いただいて寄付してきました。食べ終わった容器は、環境課さんがうけもたれたクリーンステーションへ!みなさんお疲れ様でした!

人権まつりだざいふ2014 開催されます!

2014年02月18日 11:57

今度の日曜日、2月23日はプラムカルコア太宰府(中央公民館)とその付近や露切公園で人権まつりが開催されます。

エ・コラボは、露切公園に出店します。温かい飲み物や雑貨、リサイクルの本や服など準備しています。プラムカルコアでも展示・体験、ステージではthe Pure Heart(ピュアハート)の演奏もあります。

どうぞ遊びに来てくださいね!!

(紙面クリックで大きくなります)
人権まつり2014
人権まつり2014裏

コスモ アースコンシャスアクト

2013年12月20日 21:09

12/2付けの西日本新聞にクリーンステーションのことが掲載されましたが、その新聞記事がきっかけで今度はラジオで全国へリポートされます。ひとつのきっかけでこうしてだんだん広がっていくんだなぁと感慨深いものがあります。

ラジオ番組「コスモ アースコンシャス アクトずっと地球で暮らそう。」毎朝(月~金6:40~6:45)、全国38局のレポーターが生中継でその地域の自然環境の紹介や環境保全活動に関する話題をお伝えする情報番組です。
クリーンステーション西日本新聞

放送予定は1月2日(木)6:40~6:45 FM福岡です。お正月、早起きしてぜひ聞いてくださいね。番組HPでリポートも掲載されます。こちらは早起きしなくても大丈夫です(笑) 



                            snowy
 

イオン黄色いレシートキャンペーン 12月

2013年12月11日 23:01

005_20131216080746142.jpg


ドタバタです。


用事が重なりしばらく参加できてなかった黄色いレシートキャンペーンに久しぶりに行ってきました。いつもいらっしゃるおじ様方が今日は、もう店じまいで(笑)珍しくBOXの近くに立ちました。こんな感じでタスキをかけ「エ・コラボ」と貼っていただいた箱を持って立っています。正面中央には、参加登録団体全体の投函BOXが置いてあり、お馴染みさんは、まっすぐにそこに投函に向かわれます。レシートを持ってBOXの前でじっとされていらっしゃる方には、「どこかお探しですか?」とお声掛けしてましたが「筑紫野イオンさん」なんで、当然筑紫野市の登録団体が多く筑紫野市の団体さんを名指しされる方ばかり。申し訳なさそうに「ごめんなさいね、知り合いがいるので」って。「お気遣いなく。みんな仲間ですから。ありがとうございま~す。」って。お隣に立ってあった‘筑紫野子ども劇場さん‘も私の抱えた箱に入れられているお客さんにも「ありがとうございま~す」って言ってくださってました。こうゆうやり取りがあるのが、この取り組みの嬉しいところの1つです。


昨年冬に参加したとき下からシンシン冷えて、後で風邪をひくは、足腰が痛くなるは…とそれこそ痛い目にあった(笑)ので、今日は「これでもか!」って防寒で行ったらぜ~んぜん寒く無くて、着ぶくれしてる自分がおかしかった(^_^;)。もうお正月用品も山積みで販売されており、まだ年賀状すら作っていないのに…と焦りも感じて帰ってまいりました。投函してくださったみなさま、ありがとうございました。

掲載されました!クリーンステーション

2013年12月02日 10:00

<新聞記事↓紙面クリックで大きくなります>
クリーンステーション西日本新聞


ドタバタです。


ふくおかNPO センター代表古賀桃子さんが西日本新聞月曜日に「このゆびとまれ~みんなが主役の地域づくり~」と題して、3か月間の連載を始められました。テーマは、マルチ・ステーク・ホルダー・プロセス。課題解決のために多数の組織が参画し、対等な立場で話し合うことだそうです。


その2事例めに‘クリーンステーション‘を掲載してくださいました。2012年1月「ふくおか協働キャラバンin大野城」でクリーンステーションの発表をさせてもらう機会をいただきました。今回「その後どうなっていますか?」とのご連絡からの流れでsnowyと2人で取材を受けました。ダラダラ・・と2時間、原稿の下書きを送っていただいた時は、「あんなグダグダな話がこんな風にまとまるんだ。さすが古賀さん♥」と感心しまくりでした。


カラー写真で新聞に大きく「太宰府市のクリーンステーション」と出ているのを見た時、2007年から市民まつり会場でアルミ缶を子ども(そう、あの頃ってまだ少年だったな~)達と回収し始めてからの6年間がいろいろ思い出されて、ウルウルしてしまいました。‘障がいのある人の働く場設立‘が目的で始めた資源回収ですが、クリーンステーションは、いつのまにか自分たちの中で、ものすごく思い入れのあるものになっていました。クリーンステーションという‘しくみ‘が太宰府に生まれ、定着しつつあることがとっても嬉しい。私たちの気付きを庁内連携や頑張りで、こんなステキなしくみにしてくれた環境課さんや協働のまち推進課さんとのこれまでのやりとりや関係性が、よりそう思わせてくれるのです。「マルチ・ステーク・ホルダーとやらに、これがあたいするのでしょうか?」と取材前にお尋ねしたら「そう思ってるから来たんですよ。」と古賀さんが笑って言ってくださったんです。記事を読んだら、ほんとそうなんだ、それぞれがそれぞれの思いや得意を組み合わせたんだな~と思ったら感動しました。みんなで頑張ったからこそできたんですね。


アルミ回収Image049_20080929095004.jpg
<アルミ缶回収の表示・段ボールをゴミ箱の横へ設置>
IMG_1989.jpg
IMG_1998.jpg
<箱から回収し翌日業者へ引き渡し>


障がいのある人のために始めたアルミ缶回収がみなさんの頑張りで、思いもかけない展開になって、太宰府市にクリーンステーションというしくみになりました。時間は、かかっても少しずつでも行動するを続けていれば助けてくれる人、応援してくれる人が現れます。この先、こんな風に得意を生かしあって「障がいのある人の働く場」を街のしくみにできないかと考えています。色々な方々にご助言や、お力添えや、元気をいただきながらエ・コラボ本来の目的である「障がいのある人の働く場」の実現に向かってこれからも頑張ろう、って思えた新聞記事でした。

古賀さん、市役所の方たちも喜んでくださいましたよ。いい機会をいただいてありがとうございました(*^_^*)。


リユースの輪

2013年11月14日 23:15

2013111416240000.jpg


ドタバタです。

資源回収を日常としておこなっているエ・コラボには、色々なお話をいただくのですが、今回いただいたのは、「これ」。Yohooさんが力を入れて取り組まれているリユース推進の一環で、福岡県内7大学の学園祭の来場者に不要となった洋服を持ってきてもらい、集まった衣類を各大学、様々な方法でリユースするというイベントをされたそうです。筑紫女学園大学もその中に含まれており、大学がある場所でリユースや寄付が完結できればとのお考えから、市役所にお尋ねがあり、フリマを定期的に行っているエ・コラボがいただくことになりました。


集めた衣類を市のイベントや施設で無料配布したり出来ればと思っておられますが、エ・コラボ的には、フリマで販売させていただき、その収益を‘障がい者の働く場設立資金‘として積み立てさせていただきます。ありがとうございました。


Yahooの様な大きな会社が、こんな地道なことにも取り組まれていてびっくりしましたし、ありがたいな~とも思いました。それだけ「環境・リユース」って重要なことなんだ。超~弱小エ・コラボとは、社会に対する影響力が違うから、こうゆう動きをされていることがもっと表に出ないともったいないなぁ・・。エ・コラボも微微微力ながら頑張りますけど。


将来、「障がいのある人の働く場」の夢がかなったら「Yahooさんにも応援してもらった」って言おうっと(笑)。

最近の記事