FC2ブログ

大佐野区夏まつり2013 CS

2013年08月03日 23:42

011_20130806105934475.jpg


ドタバタです。

大佐野区が夏祭りでCSに取組まれて今年で3年目。青いテントは、エ・コラボでお貸ししましたが、表示や箱は地域の方が準備されました。前年まで自治会長をされていたOさんから「今年も伝ってもらってよかね」とお声かけがあり、伺いましたが大佐野区のCSは、定着した感ありで、私は必要なかった(笑)、と言いつつもテントの中の赤いTシャツ環境課のYさんも打ち水終わってそのまま…3年続けてボランティアで応援に来てくださいました。すっかりレギュラー(^_^;)。ありがとうございます。


010_20130806105934f3f.jpg

私もお手伝いしますが毎年私がやってしまうと広がらないので「担当者を決めていただけませんか」とお願いしていたところ中学校地区委員のお母さん方と中学生が受け持ってくださることに。バスケ部とサッカー部のキャプテンが「アルミ缶は、こちらです」「竹串は、抜いて銀紙だけを汚れたゴミの箱に入れてください」なんて声をかけるCS!!いいやろ~♥。写真撮りそこなったけど、すっごいカワイイ女子がゆかたで立ってくれたりもしたんですよん♥。

008_20130806105935a9e.jpg

お母さん方もすごかった。「マイ缶潰し機」を持参くださった方がおられ、みなさんで何百というアルミ缶、スチール缶を最後まで潰して回収されました。「ここまでやるとこないですよ」と後から駆けつけてくださった環境課T課長もYさんも驚いて写真撮っていらしゃいました(^_^)v。写真載せたらいやだ~って言ったけど、ごめんSさん!載せちゃったよん(*^。^*)

009_20130806105935738.jpg

ツールを準備してくださったSさん。焼きそば販売も担当、消防団員でもあり、市役所の方でもある。市役所の方って仕事を離れても地域の中で頼りにされるんだろうな。Sさんの住む地域で環境課のYさんが協力して…なんかいい感じ~。みなさんのご協力で今年もスムーズにゴミの分別回収ができました。3年目ともなるともちろん来場者もすっかり慣れて、何のトラブルもありませんでしたよ。
  
007_20130806105936f7c.jpg

翌朝、テントを引き取りに行った時に撮った写真。途中途中、その都度CSまで運んできてくださってた段ボール。スタッフさんは、毎年変わるけど役員の方たちがCS方式に慣れてくださったことで、適切な指示を出してくださいます。

003_20130806105856f2b.jpg

お母さん方が潰しに潰してくださったアルミ缶。かかえたらズッシリ!

006_20130806105854896.jpg

容器類は、重ねて回収しきれいに並べて袋に入れて…。「マイ缶潰し機」を持参してくださったお母さん、とっても満足げ(^_^)v。こんなにきちんとされた方が担当になられた偶然がすごい!燃えるごみは、終了時11袋。もう少し減らせたかも…残念。しかも、朝の方付けで若干増えたかな?

005_20130806105855997.jpg

燃えないゴミは、ほぼラムネびん。3袋+横たわった1升びんの入った袋は、打ち上げ用(笑)?写真撮れなかったけど、他にでたゴミは、発布スチロールの容器、きれいなプラ、きれいな紙、ペットボトル。すべてリサイクルできました。

002_20130806110933cff.jpg

恒例のビンゴゲームでモトニノが当てた「だいこんおろしき」。なんとYさんも同じものがあたりました。ドタバタ家とYさん家お揃いです(笑)。いい思い出の品ができました。こうしてCSに関わって3年、声をかけてくださる顔見知りも増えました。顔の見える関係、地域の仲間が少しずつ増えてきているのを感じつつの夏祭りでした。


地区委員のお母さん方方、中学生のみなさん、スタッフのみなさん、役員さんお疲れ様でした。環境課のT課長、Yさん最後までありあとうございました。

災害ボランティア講座へ

2013年06月15日 22:37


主催 太宰府市NPO・ボランティア支援センター
共催 太宰府市社会福祉協議会、防宰ボランティアネットワーク

昨年度も何度か参加をした災害ボランティア講座、今日は自分の住む地域の方が発表されるとのことで、ドタバタにも付き合ってもらい参加してきました。同じ地域内で活動されていて、エ・コラボにも協力していただいているYさんも参加されました。

この講座の参加者は圧倒的に男性が多く、シニアの方々が地域のために活動されているんだなぁと感じます。今日事例発表された私の住む地域もやはり会社をリタイアされたおじさま方が中心になり、自治会全体で取り組んでいます。自主防災組織の活動としては市内で一番だということですが、改めて別の場所でこのような発表を見ているとスゴイなぁと思います。(スライドも52枚で力作の発表、地域でもIT技術に長けた方は不可欠ですね)

防災では進んでいますが、ゴミの減量の取り組みでは他の地域が進んでいたりします。各地域がそれぞれの分野で先駆的な取り組みをすることで、あとに続く地域はそれを学んだりして市内全体に広がればいいなと思います。
そして防災もゴミの減量もそれぞれ別の問題ではなく生活するということでは繋がっています。こういうことに気が付くのは女性の方だと思います(ゴミ出しをしている男性は気付くかな:笑)。
男性の視点、女性の視点、年齢や家族構成によっても視点や気付きは違うはず、フラットな立場で意見や考えが伝えあえることが、日頃の連帯感や人のつながりに結びついていくと思います。自治会の防災訓練でも知り合いを増やしてくださいとの挨拶から始まります。そして実際に機能する防災システムが構築されたらいいなぁと願います。


本年度の「災害ボランティア講座」は、内容を充実発展させ9回実施されるそうです。
次回からの予定はこちらで↓
     「災害ボランティア講座」 
 *太宰府市NPO・ボランティア支援センターのサイトより


                           snowy

    
 
 

御笠川クリーンデイ 春編

2013年04月20日 22:51

御笠川の川そうじ 
9時集合で始まりましたが天候の関係で今日は時間短縮バージョン
学生さんからシルバーさんまで、幅広い年代の方が参加されていました。
SANY0100_20121103213326.jpg
(写真は別の日のもの・・間違って当日のを消去してしまいました
川に入ると石の上にカニを見つけたり、近くに巣があるのかツバメがたくさん川面を飛んでいました。ゴミ拾いながら、自然や季節を感じるひとときでした。
ゴミを集め計量する頃には、雨がパラパラと降ってきました。
燃えるゴミと燃えないゴミで約140kg いつもよりも短い時間ではありましたが、みんなで作業をすることでこれだけのゴミが減ったことは嬉しいことです。
みなさん、お疲れさまでした。
この日の様子は、ケーブルテレビでも放送されました。

                            snowy



こどものおみせやさん5へ

2013年03月24日 20:18

ドタバタが高宮へ行っている頃、私は東日本大震災復興支援活動の”こどものおみせやさん5”へ行ってきました。

地域の総会に参加した後で、ちょうどお昼時だったので子どものおみせやさんでランチ。今日はわが家のも一緒に行ったので、お庭で桜を見ながらのんびり食べてきました。

IMG_4854_20130403201841.jpg
こどものおみせやさんも5回目ということで、継続して支援を続けておられることに感心します。Mさんは、このところ立て続けにイベントがあり、ちょっとお疲れのご様子でした。4月はなーもせんよと言われておられましたが、本当に健康がなによりです。
他にも手まりを作られるYさんやIさんも子どもさんと一緒に参加されたとのこと、いろいろな方が地域のイベントに参加して楽しみながら支援ができることがとてもいいなぁと思いました。


                      
                             snowy


地域でも被災地支援

2013年03月20日 22:37

昨年も有志でチャリティーを行った水城ヶ丘で、今年もチャリティー講演会が行われました。講師はおおた歯科クリニックの院長 太田秀人先生 
IMG_4750.jpg
太宰府から発信できること ~温かい思いを被災地へ~という演題でお話をして頂きました。参加者は52名で行政区以外の方も足を運んでくださいました。演題や屋外に設置した掲示などは全て手書きで、いろいろな方が自分にできることで協力してくださり、地域ならではの温かさを感じました。
IMG_4753_20130325213609.jpg
市役所で掲示されていた南三陸町の佐々木さんの書道教室の生徒さんの作品を公民館へ移動して掲示しました。移動するにあたり、資料などは市役所のHさんが新たにプリントしてくださったり、協働のまち推進課さんが、3.11中央公民館での「追悼と復興への祈りと『防災・減災宣言のまち・太宰府』」の式典でチラシの配布、HPでも広報の協力をしていただきました。

この書道の作品をご覧になって感心される方も多く、太田先生の講演でこれまで報道されることのなかった被災地に暮らす人の肉声などもあり、非常時に人としてのあるべき行動などについても考えされられました。太田先生はおいそがしい中、快く講演をお引き受けくださって本当に有難く思いました。地域の公民館で太田先生のお話を聴くことができるのは本当に嬉しく、チャリティーが目的でしたが、こうして地域の住民が協力できる機会ができたことが、人のためだけでなく自分たちのためになると思いました。
太田先生ありがとうございました。

IMG_4768.jpg
講演後はカレーでランチ 語り合いながら一緒にごはんを食べることで住民交流ができました。
IMG_4771_20130325212736.jpg
食べ終わった容器などを、自分で分別していただきました。エ・コラボ二人とわざわざ応援に来てくれたMさんと3人で担当し水城ヶ丘初の超ミニミニクリーンステーション!今回はリサイクルまで無理せずに分別だけにしました。定着するにはまだまだですが、地域で行われている防災訓練の時にでもやってもらえたらなぁと思います。
IMG_4742_20130325212737.jpg
チャリティーでは三十三茶屋さんも協力して下さいました。この日のためのオリジナルパッケージです。おいそがしい中で注文を受けてくださりチャリティー応援していただきました。ありがとうございました。

この日のチラシにエ・コラボの名前をぜひ入れてくださいと言われ、協力ということで名前を入れさせていただきました。ありがとうございました。

行政区ごとに取り組みにも特色があり、良いことは発信したり、情報交換しながら太宰府が良いまちになればいいなと思います。住みやすいまちになることは障がいのある人たちにとっても良いことで、広い意味でエ・コラボの障がい者支援に繋がっていると思っています。


                           snowy





チャリティー講演会・・・地域でも被災地支援 

2013年03月12日 23:52

絆創幸1、2や人権まつりだざいふ2013で講演された
おおた歯科クリニックの太田先生のチャリティー講演会です。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください。
チャリティー講演会

東日本大震災復興支援を目的に地域住民の有志で企画、実行するチャリティーイベントです。太田先生はおいそがしい中、ご講演を快くお引き受けくださいました。水城ヶ丘は以前に豪雨で被災された方もおられ、防災も熱心に取り組んでいる地域です。先生の病院のある大佐野と水城ヶ丘は離れた距離にありますが、これをご縁に太宰府の地域で顔の見える関係もできればと思います。
エ・コラボも協力させていただきます。(当日はドタバタ&snowyで、ミニミニクリーンステーションをやってみようと思います)

クリック→ 水城ヶ丘公民館


                           snowy


三十三茶屋さん 手まりワークショップ 

2013年03月03日 23:24

IMG_4668.jpg
大宰府政庁前にある三十三茶屋さんの店内でお雛様の展示と販売があり、エ・コラボの手まりも一緒に展示、販売させていただいています。お雛様の時期で、お店の雰囲気にも合い、たくさんの方が手にとってくださり、購入していただいています。本当にありがとうございます。
IMG_4677.jpg
この手まりは、エ・コラボを応援してくださっているHさんが作られてご寄付してくださったものです。今回、三十三茶屋さんのご厚意で、販売利益はすべてエ・コラボの障がいのある人の働く場資金とさせて頂くことになっています。
IMG_4654.jpg
そして、今日は関連イベントとしてエ・コラボの支援者のYさんによる手まりワークショップが開催されました。(料金はお茶が付いて800円)先生と生徒4名でスタート。色とりどりの手まりからまずは好きな地色のまりを選びます。
IMG_4652_20130303225457.jpg
ピンクを選び、糸も好きな色を選ぶ。春らしく黄緑とブルー。その次の帯と呼ばれている部分から以降、色で悩む・・決まらない~。ピンクの地色は人気だけど配色が案外難しいと後から聞いた・・しまった!
参加者同士で、配色のことなどしゃべるのがまた楽しかったりする。
IMG_4671.jpg
参加者全員、追加(追加料金500円)で2個目を作成。2個目ともしっかり助けてもらいながら完成・・2個目はエ・コラボの色のブルーにしました。
今更ながら、自分がやってみて、HさんやYさんの手まり作品のすごさを思い知りました。時間と手間がどれだけかけてあるんでしょう・・・感謝。

今日は桃の節句で桃のお菓子とお抹茶が出されました。目の前にあるお雛様や手まりを眺めながら美味しくいただきました。
作業途中や終わってからも別のお茶をいただきました。ごちそうさまでした。

手まりをエ・コラボにいただいてからできたご縁やこの企画。
HさんやYさん、そして三十三茶屋さんの温かい支援のお気持ちに本当に感謝いたします。地域の方のこんなやさしさがとてもうれしいです。手まりワークショップに参加されたい方はお二人様以上のグループで随時開催予定とのこと。三十三茶屋さんにお問い合わせをお願いします。


                           snowy

ほんげんぎょう

2013年01月06日 23:30

005_20130107083125.jpg

ドタバタです

大佐野区の‘ほんげんぎょう‘行ってきました。昨年、隣組長をした時に初めて参加して、1月の通信にも書いたけど(なんとビックリ!昨年‘ほうげんきょう‘って書いてるね。地域のおじちゃまに「あんた、なまっとうばい」と笑われたけど、そう思い込んでたってことやね。私らし~)、けっこう感動したんですよね。で、今年はご近所のSさんと夫も誘って一緒に。日頃地域のことに参加しない夫ですが「‘かっぽ酒‘がいただけるよ」に釣られて、早起きしてついてきました(笑)。


竹の切り出し、組み立てと頑張ってくださった男性陣、買い出しからぜんざいの炊き出しまでお世話くださった女性陣。寒い中、ほんとうにご苦労さまです。ありがとうございます。あったか~いぜんざい、おかわりして2杯もいただいちゃいました。かっぽ酒もついでいただき「もちやするめもかじりんしゃい、縁起物やけんね。」と手に取っていただきました。夏祭りのクリーンステーションや南三陸町の京香ちゃんと書道交流で顔見知りになった方々と「今年もよろしくお願いします」のご挨拶。地域に知り合いが増えたことがとっても嬉しい。



006_20130107083125.jpg


きれいに組まれた竹もあっという間に…美しい炎を見つめていると、つい手を合わせたくなりますね~と、Sさんと2人「今年も笑顔で元気にすごせますように」と合掌(笑)。そばでは、消防団の方々が消防車を待機させて火を見守ってくださってました。携わってくださったすべての人にも感謝の合掌。


「片付けは、誰がすると?俺たちは、来て喰って飲んで帰るだけやけど、片付けが大変やな」と、帰り道に夫が聞いてきた。「こんなに近くでありようのに、参加者が少なくて残念や。参加も協力やろうけんね、来年も来ないかんね。男こそ年取ってきたら、地域の行事に行ってから知り合いば作らないかんね~」と、今までに聞いたことないような感想をもらした。参加してみてこそ感じることがあったんでしょう(上から目線:笑)…。行ってよかったね。こいつぁ~春から縁起がいいわい♪


エ・コラボの方も明日から活動開始です。今年もどうぞよろしくお願いします。

太宰府天満宮へ 

2013年01月01日 23:08

2013010112240000.jpg
元旦の朝、すっかり雪化粧の太宰府。お昼前に太宰府天満宮へ運動不足解消も兼ね、てくてく歩いて初詣。
参道は、梅ヶ枝餅を買う人たちでどの店の前でも行列。参拝するために並んだ横では、おみくじで「今レグザの32型が出ました!」という声、(あとテレビは40型、ルンバも賞品として並んでいました)周りにいる人たちが500円で当たるならいいね。帰りにやってみようという話声が聞こえる。なんか景気が良いカンジでイイ(笑)

2013010113030000.jpg
宝物殿、菅公歴史館、九州国立博物館文化交流展示室(平常展)の3カ所が観覧できる、お得な共通チケット500円を購入して、宝物殿で開催中「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」や九博の文化交流展示室 フィンランド・クレスコレクション 江戸の粋 印籠 を見学。
印籠といえば水戸黄門ってくらいしかイメージできなかった私もその美しさや繊細さに感動して、お正月からいいものを見せてもらいましたばい。
帰りには、太宰府館に寄ってはまゆうさんのクッキーをおやつに買って帰りました。 



                           snowy

第45回 御笠川クリーンデイ 参加してきました 

2012年11月03日 22:01


ドタバタが買ってくれたすぐれものの火ばさみを持ってgo!!

SANY0098_20121103213327.jpg市役所9:00集合
長靴に履きかえて行くと、もうたくさんの人たちが集まっていました。
個人や団体さんでの参加といろいろな方々がいて、指示に従って川掃除スタート!
今日はお天気も良くて、川の中に下りても寒くなくて絶好の屋外作業日和。

SANY0101.jpg
いろいろとしゃべりながらみんなでやる作業は楽しい。野鳥もいるし、水は澄んでいて小さな魚も泳いでいる。しじみも発見!しかし、ところどころに空き缶やビニール類がある・・・。毎回のことだけど、なんでこんなものがあると?と思うようなものもある。


SANY0104 - コピー
今日2時間ほど作業をして集まったゴミは、燃えるもの、燃えないもの合わせて210kg。タバコの吸い殻のポイ捨ても多いねと話していたら、なんと煙草のフィルターは100年経っても自然分解されないと教えてもらった。驚きです。
ゴミはゴミ箱に! なんでも参加してみることで、色々なことを知るなぁーと思ったのでした。

SANY0116.jpg
3、4日は市民文化祭も開催されていて、川掃除が終わって見学してきました。文化祭のステージ発表はほぼ満席だったし、外ではフリマも開催。顔見入りの人にもたくさん会って話したり、ちょっとお買いものしたり、お昼も食べて楽しんできました。


                             snowy


人権講座 ひまわり ぷれジョブからつながる人と人

2012年10月21日 23:17

太宰府市と太宰府市教育委員会の主催で行われている人権講座ひまわり
いつもは夜に開催されている講座ですが、今回は昼に開催。
講師は、ぷれジョブの発案者であり、全国ぷれジョブ連絡協議会代表の 西 幸代先生です。

IMG_4025.jpg
会場は水城西小学校体育館  

IMG_4035.jpg
ぷれジョブ・・全国ぷれジョブ連絡協議会
ぷれジョブは、障害のある子もそうでない子も一緒に生きていくことができる地域社会を共に創るという目的の活動です~HPより
4つ葉のクローバーのマークは、障がいのある子を中心に地域の企業・学校・住民・保護者です。 
障がいのある子どもだけでなく、地域全体の助け合いに繋がっていくすてきな活動です。
IMG_4041.jpg
お話は、これまで私たちが聴いたお話と少し違う、西先生がぷれジョブを発案した動機となるお話が中心でした。先生が出会った障がいのある子どもたちが、ひとが生まれ、生きる意味や、”ぷれジョブ”を考え作るエネルギーを与えたのでした。たとえ自由に身体を動かすことができなくても、言葉で伝えることができなくても、ひとには人に感動を与え動かす力がある。人権講座にふさわしい内容で、人間の尊さを感じるものでした。聴いていて、涙があふれて止まらなくなるときもありました。

IMG_4040.jpg
日本中でぷれジョブの取り組みが始まっています。ぷれジョブは就労支援ではない、1週間に1時間だけ、地域の事業所にジョブサポーターさんと一緒に半年間の作業体験。半年経ったら、次の事業所へ、違うサポーターさんとまた半年間・・繰り返すことで、その子の存在を地域のみんなに広く知ってもらえます。
今年から実際にぷれジョブを始められているお隣の筑紫野市の事例も紹介がありました。市役所内でやっているそうですが、市民の方も目にすることができて、とてもいいなぁと思いました。

IMG_4049 - コピー
西先生のぷれジョブに込められた思い、この思いにさっそく共感された方もいらっしゃいました。有難いことに協力できるよと言ってくださる方もいます。あわてず、できることから少しずつ無理なく実現できればいいなぁと思います。

夜にも会議のご予定が入っている中、太宰府までお越し下さった西先生
素敵なお話を本当にありがとうございました。ご活躍をお祈りしています。
また、太宰府へお越しくださいね!

*この講座については、(公財)福岡県地域福祉財団より受けた”地域ボランティア活動助成”よりエ・コラボが費用協力しました。


                            snowy




 

第7回 地面に大きな絵を描こう

2012年10月14日 00:30

エ・コラボのフリマが終わった翌日
太宰府市役所の駐車場を使って、豪快にお絵描きができる、牟田アトリエさんの”地面に大きな絵を描こう”を見に行ってきました。
IMG_3968_20121023003043.jpg
楽しそうに絵を描いている子どもたち、大人たち
IMG_3969_20121023003043.jpg
昨日、エ・コラボのフリマで会っていた人たちと今日はこの場所で会う。まほろばのもりでつながった人たちとも会う。地域の中での遊びに行ったり、来たりの関係がとても嬉しかったりするもんです。
足を延ばして、中央公民館で開催していた文化発表会も見に行き、知り合いの方の作品や太田宏介くんの絵も見つけました。ちょっとだけアートな1日でした。

                            snowy

こどものおみせやさん4へ 行ってきました

2012年09月30日 21:22

↓今年5月 2度目の東北へ行かれた時に、アトリエママ―ズのみなさんが送られたかわいい植木鉢もありました。
IMG_3724.jpg

東日本の子ども達を応援することを目的に、牟田アトリエさんが開催されているこどものおみせやさん
IMG_3716.jpg
大宰府 山かげ亭へ ドタバタ&snowy+ダンナさんで行ってきました。

IMG_3726.jpg
多賀城市のアトリエポランさんのお菓子も販売されていました。

この夏、豪雨で被災したうきはの応援もされていますが、そのうきはの石を使った石屋さん
IMG_3725_20121002214448.jpg
IMG_3721.jpg

山かげ亭の中には、かわいいこども(おとな)のお店が勢ぞろい。
IMG_3731_20121002212425.jpg
IMG_3728.jpg
あれこれ見たり食べたり、買い物もして楽しく過ごさせてもらいました。

IMG_3745.jpg
小銭でお買い物ができて、支援もできる。とってもかわいくて、あたたかいイベントです。継続して行われています。次回は皆さんもぜひどうぞ!!

                            snowy

古都の光 TEAM SEICHOU 今年も猫の手お手伝い2

2012年09月23日 23:50

6時15分より点灯式
IMG_3606.jpg
井上市長を始め議員さん方も出席され、古都の光が始まりました。

IMG_3612_20120930181549.jpg
一方では、スタッフがチャッカマンで点火作業 

IMG_3632.jpg
政庁跡 正面より 青龍
IMG_3641.jpg
上から見た青龍 

IMG_3621.jpg
中央で準備されていたものは、その昔ここにあった正殿の柱 
IMG_3619.jpg
広い政庁跡にはたくさんの光が浮かび、音楽も奏でられました。

戒壇院や観世音寺には、絵が描かれた灯明
IMG_3663.jpg
IMG_3655.jpg
IMG_3670_20120930172557.jpg
文字も浮かび上がっていました。

IMG_3688.jpg
政庁跡会場 受付  素晴らしい切り絵の施された美しい灯明

私たちは当日だけのお手伝いでしたが、作業に参加された方々とおしゃべりしたり一緒にご飯を食べたり、片付けまでの時間は美しく並べられた灯明を見て、素敵な夜を楽しませてもらいました。
TEAM SEICHOU の世話人さんを始め、準備をされたスタッフの皆さん、表には出てこないけれど、皆さんの力でこの会場ができあがっていることが本当に素晴らしいなぁと思います。本当にお疲れさまでした。



                             snowy


古都の光 TEAM SEICHOU 今年も猫の手お手伝い1

2012年09月23日 23:27

15時集合~
IMG_3580.jpg
古都の光は、各自治会などで実行されていますが、ここ大宰府政庁跡会場はTEAM SEICHOUという市民有志が世話人となり、芝原区のみなさんなどが協力して会場作り。私たちエ・コラボも今年も猫の手くらいにはなるだろうとお手伝いに行ってきました。 
IMG_3596.jpg
蛇の目うさぎの風子さんデザイン 青龍(風水で東の守護神だそうです)
これを灯明で描き出します。

私たちは、政庁跡の後方を担当、袋の中に重しとなる砂を入れる・カップに芯を立てたろうそくを入れる・カップ入りのろうそくを砂の入った袋に入れる。それぞれに作業を分担し灯明をつくる。
IMG_3586.jpg
そしてそれを並べていくのですが・・
IMG_3585.jpg
よく動いてくれる子ども達が並べてくれて、本当に大助かり!!スムーズに担当した場所の作業が終了しました(^^) 

IMG_3588.jpg
中央では大掛かりな準備がされていました。

IMG_3595.jpg
青龍の方へ移動 声かけ合って準備中のみなさんに合流 

IMG_3600.jpg
夕方、三十三茶屋さんが準備されたおふるまい スタッフ用の食事です。
栗入り小豆ごはん、茄子や髙菜のお漬物、塩麹のきゅうり、ゴーヤの佃煮風、その他に豚汁やゆでたまご、そしておいしいお茶。このおふるまいを食べるためにお手伝いに行ったような感じ(笑) ほんとうに美味しかった!!
作り手の心のこもった食事に、元気をたくさんいただきました!!

IMG_3603.jpg
美味しくいただいた食事のあとは、最初に重ねて置いておいたらいいですよというドタバタの声かけで、次々と皆さんが容器を重ねてくださる。クリーンステーションとまではいかなくても、ちょっとしたことで意識も変わるし、ゴミ袋も削減できますね。

さて、これからが本番です。


                                 次に続く・・・




第4回 災害ボランティア講座へ

2012年09月22日 23:42

今月は、先月の続きで
飯塚社協の藤田次長さんより、災害ボランティアセンターの設置と運営のお話PART2 ドタバタと参加してきました。

お話をされることを、太宰府という場所で想像し考えてみる。
いつ起こるかわからない災害が起きた時に、公的機関も自分自身もマニュアル通りに動けるのか?
地域に住んでいる支援を必要としているひとを、どうやって把握し誰が助けるのか。的確な指示を出すリーダーも各所で必要だし、一番身近なところで言えば、やはり隣近所の声かけ。先月も書いたけれど、絆創幸で先生方がおっしゃっていた、日頃からの連携顔の見える支援という言葉と重なります。

次回は10/27(土)14:00~17:00 いきいき情報センターにて 
「災害ボランティアセンター事例」実習  です。


最近ですが、いろいろな場所に行くと、避難経路はどうなってるのかな?と非常口のサインを捜すようになりました。
                            
                            snowy

9月1日 合同防災訓練 見学のつもりが・・・

2012年09月01日 22:49

9月1日は防災の日ということで、太宰府市と筑紫野市合同で防災訓練が行われ、開催場所は地域包括支援センターや私たちエ・コラボの事務所や回収庫のある看護学校跡地でした。
一般車両は進入禁止で、事前にHPや掲示でお知らせしていましたが、エ・コラボ回収庫も午前中は閉鎖していました。(もし知らずに来られた方はごめんなさい)
2012090110290001.jpg
この日は、来賓の他、各自治会から来られた方や、一般の観覧もOKで、訓練の様子を見るだけでなく、消防車など中の見学や子ども用の防護服なども用意され、親子連れや子どもたちが大喜びのコーナーもありました。
2012090110290000.jpg
参加された方などには、パンやお水なども提供されていました。
ドタバタと二人で見学していると、ゴミがまぜこぜになっているのを目にしてしまい・・・。許可をもらって分別をしました。近くにいた顔見知りの方々も、やり始めるとみんな加わってペットボトルなどを仕分け・・あっという間に分別できました。これらは、さっきまでゴミだったけど、分ければリサイクルに出すことができます。最初にルールを決め表示をしておくだけで、ほとんどの方がそれにしたがってもらえます。ということで、お昼に出されるカレーも、お皿は汚れていてリサイクルできないけれど、重ねるだけでもゴミ袋が削減できるので、食べ終わったカレー皿の回収も決定。
2012090111390000.jpg
日頃から資源回収をやっていることに加え、絆創幸で被災地のゴミの話などを聞いているので、こういうことが気になるようになったんですよね。防災訓練で命を守る訓練は最優先で重要です。ただ避難所生活になった時の事も想定して、大きな問題になるであろうゴミの事まで、こういった訓練の時にも意識してもらえればいいなぁと思いました。
今年は市民まつりのクリーンステーションも3ヶ所で行うようになっています。担当の方もいろいろと学びに行ってありますし、学生や若者の協力もありそうなので、そういうことからも少しずつ分別やリサイクルが市民に浸透していけばいいなぁと思います。

                            snowy
  

002_20120905130440.jpg


カレー会場を担当したドタバタです。
机の上に直置きでカレー皿、スーパーの袋にスプーン、使い捨て容器が入っていた袋にきれいなプラ=スプーンの袋、テッシュなどの汚れたゴミは、別のスーパーの袋に、食べ残しは、使い終わったカレー皿に・・・といった具合で、にわか仕立てのクリーンステーション。会場におられた社協さんと始めましたが、いつの間にか2人の男性が手伝ってくださっていました。まほろばのもりや地域の夏祭りでやったクリーンステーションや、今年の市民まつりでも3か所設置されることなどを話しながら、目の前できれいに片付いていくゴミにクリーンステーションの意義を感じてくださいました。参加者も当たり前のように、分別に協力してくれました。


いつでも、どこでも「そこそこの場面にあったやり方でゴミを分別する」ことがクリーンステーションなんだと気づきました。準備なく実際にやれる事をすることが、緊急時には大切ですね。勉強、勉強。

第3回 災害ボランティア講座へ 

2012年08月25日 22:15

6月からはじまった災害ボランティア講座、先月は打ち水で参加できませんでしたが、3回目の今日はドタバタ&snowy参加することができました。

今月と来月は、飯塚社協の藤田次長さんより、災害ボランティアセンターの設置と運営のお話。今日は資料全体のざっとした説明と飯塚での話や大雨で被災した地区の様子などのお話がありました。

地域に住んでいる支援を必要としているひとを、どうやって把握し誰が助けるのか。飯塚のある取り組みが進んでいる地区では、すべての情報がマップの中に落とし込んでありました。このマップが完成するまでの道のりも大変なことだったと思いますが、せっかく作ったマップを非常時に生かすためには、日頃からの挨拶など顔の見える関係が大切とのこと。絆創幸でも、先生方がおっしゃっていた、日頃からの連携や顔の見える支援という言葉と重なります。
また、要支援者としてご自分が同意して手を上げてくださる方はいいのですが、そうでない方々をどうやって救うのか。色々と難しい問題もあるそうで、これは来月にお話があります。

最後の質問の時間で、防災の取り組みや情報について、太宰府市内でも各自治会ですごく差があるなぁと感じるような場面がありました。各自治会で防災の取り組みは差があったとしても、せめて個人情報の開示についての情報など、共通の認識にならないのかなぁと思ったのでした。
情報は日々変わっていくし、新しい情報はどんどん伝えあえばいいのに・・。

                             snowy

↓始まる前の様子
2012082514500000.jpg

祝 NPO法人 太宰府アートのたね 様

2012年06月24日 22:31

2012062413250000.jpg
牟田アトリエの皆さんが中心メンバーとなり、日比野克彦氏を特別顧問アドバイザーに迎えられ、アートを通じてつながりをつくるNPO法人「太宰府アートのたね」さんが誕生しました。

設立。おめでとうございます。
未来に向けて蒔いた”たね”がいろいろな花を咲かせますように!






                            エ・コラボ

3.11 復興の灯-ともしび 大宰府政庁跡

2012年03月11日 23:36

3.11復興の灯 ともしび 友好都市である多賀城市、奈良市、大宰府市の共同開催で、震災による犠牲者への鎮魂と復興への祈りが捧げられるイベント。
2012031118210000.jpg
昨年9月の古都の光2011 大宰府政庁跡会場でチームSEICHOUの猫の手お手伝い班だったエ・コラボ。今回も猫の手お手伝いに行ってきました。
2時46分にはサイレンの音とともに、会場にいた皆さんと黙とう
1年間のこの瞬間に起こった地震で、亡くなったたくさんの方々を想い祈りました。

世話人のTさんの説明で、古都の光では市民だけでしたが、今日は太宰府市役所の職員さんも加わり、説明を受けて準備に取り掛かりました。
2012031118100001.jpg
9月の朱雀は、今日は多賀城市の方向に頭を向けた不死鳥にかわりました。(デザインされる風子さんすごいなぁー) 
2012031117330000.jpg
会場が出来上がっていきました。夕方私たちは三十三茶屋さんの炊き出しのおにぎりと多賀城味噌を使った具だくさんのお汁を頂きました。おごちそうさまでした。とっても美味しかったです。
17時半から式が始まり、18時に多賀城市・奈良市・太宰府市で同時に点火されました。

2012031118530001.jpg
この日のために市内のボランティア団体が協力して竹を切り出し、多賀城市で亡くなられた188名の方々ために竹灯篭188本が作られました。

2012031118410000.jpg2012031118450000.jpg
2012031118530000.jpg↑千梅ちゃんも祈ってます

市民が書いた紙灯明
私たちも書かせていただきました。
多賀城市に気持ちだけですが募金もしました。この1年、わずかながらでも支援や追悼をする中で、改めてたくさんのことを感じてきました。とても寒かったけれどみんなと一緒にここにいて紙灯明を並べる準備に加われる、こんなことができることがとても幸せなことだとドタバタと二人で話しました。
これからも、できることを続けて行きたいと思いました。
私たちは21時の閉会で帰宅しました。最後まで撤収作業をされた市職員の方々は本当に寒かっただろうと思います。紙灯明も大切に回収されていてデジタルデータ化になるそうです。みなさん本当にお疲れさまでした。

 
                           snowy


多賀城市 奈良市
多賀城市市民活動サポートセンター”たがさぽpress”
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/556
社団法人 奈良青年会議所 復興の灯 


                    

地域でも震災支援

2012年03月10日 23:55


本日、ドタバタ&snowyの恒例?猫の手(くらいにはなるかいな)お手伝いの日
先日、絆創幸の時の司会をしていたYさんが呼びかけて実行委員会を作り、地域(snowyも在住)で行ったチャリティーのお手伝いへ行きました。Yさんを始め、日頃エ・コラボを応援して下さる顔見知りの方もいらっしゃって、久しぶり会う方とドタバタもご挨拶。
IMG_2578.jpg
バンドの演奏があったり
IMG_2584.jpg
Fコープさんによる被災地の報告があったり
IMG_2592.jpg
絆創幸の時とは、また違った「祈り」をみんなで歌ったり
IMG_2594.jpgIMG_2596.jpg
その後チャリティーバザーの開始 整理券を配布するほど、たくさんの方がお買い物をされていました。
被災地から取り寄せたイカせんべいや焼き海苔を始め、バサロさんのお野菜や皆さんから集めた品物のバザー(掘り出し物がたくさん!!)、カジハラのパンとたきこみごはん(ドタバタ&snowy販売担当)やおぜんざい。福農の商品や、筑後特別支援学校の陶器も販売。支援学校の陶器が、いいねー!と売れているのを、横目で見るのはちょっと嬉しかったです。
何か行動をしたい!忘れないという気持ちで呼びかけたYさんに、やはり何かしらしたいと思っていた皆さんが協力したイベントです。バザーの品物を集めたり、準備を手伝ったり、お料理で美味しいものを作ったりと、皆さんの想いが集まったあたたかいイベント。支援とともに、一つの事を協力して行ったこの経験が、次につながって自分たちに返ってくると思います。
Yさんを始め、遠くからお手伝いに来て下さったみなさん全員、お疲れさまでした。


                        
                            snowy

体育の日!

2011年10月10日 23:43

006_20111012003132.jpg


ドタバタです。


体育の日の今日、私の住む地域では、「I・ラブわが町!in太宰府西」という体躯の日行事がありました。前に組長をした時は、かけっことか玉転がしとかだったけど、今は自由参加型のレクリエーションみたいな感じ。参加しやすく、役員、組長さんにも負担を少なくしてあるのかな~。時代のながれなんでしょうかね。


組長さんは、7時30分集合して男性は小学校でテント張り、女性はおにぎり作り。役員さんは、6時から準備をされてたとか。私は、輪番制の今年限りの組長だけど、役員さんは、もう何年も…。地域は、こんな方々に支えられて成り立っていることを行事のたびに感じます。ありがとうございます。せめてもの気持ちで7時に行きました(笑)。


夏祭りや、新聞エコバッグ作りで顔なじみになったみなさんと和気あいあいとおにぎり作り。かしわごはん2個とゆかり1個に白と黄色のたくわんが1枚ずつを200パック!ガス釜は、フル稼働!「買えばいいのに」と正直最近まで思っていました。震災以降、こうゆうことが日頃できない防災時の訓練でもあることを教えていただき、なるほどとおもいました。こうして同じ作業をしながら話をすることで顔もしっかり覚えますし、ぐっと親しくなりますね。こんなにたくさんの量を作ることも経験がモノをいいます。


「牛乳パックも資源回収に出していいんですか?」と尋ねられました。大佐野区の夏祭りでクリーンステーションを担当して以来、地域の方とゴミの話をすることが増えました。今日は、実際にみなさんが夏以降、雑紙分別に取り組まれたことを知り嬉しくなりました。それぞれモチベーションに違いはありますが、「くせになるってわかります」「雑紙袋をゴミ箱の横に置いたら主人も入れ始めました」って話も♪市民まつりでもクリーンステーションをやって、来年はほぼ全面的に分別回収になるかもしれないって言ったらみなさん、いいですね~って反応でした。こうゆう小さなことの積み重ねがいずれ、おおきな流れを作るんじゃないのかな~。Yセンパイの功績は大きい!


005_20111012003132.jpg
もちろん、まほろばのもりのPRも。小学生のお母さんは、お子さん学校から持ち帰ってきたチラシを100%見ていらっしゃいました。絶対楽しいからぜひ来てね~!!そうそう、フリマの広報も…どこに行っても、まあ熱心だこと(笑)。いただいたおにぎりは、つやつやでそりゃああ美味しかった。ごちそうさまでした。

おっと…肝心の体育行事の写真撮るの忘れたげな。長くなったし、おしまい、おしまい。


お世話くださった役員の皆様、おせわになりました。組長のみなさんお疲れさまでした~。

地域の夏祭りでゴミ分別

2011年08月06日 23:55

ドタバタです。

今年4度めの組長をしています。結婚してすぐすんだ家、モトニノの保育園に合わせて引っ越ししたアパート、モトニノの小学校入学に合わせて引っ越しした今の家、すべてが引っ越しした年に輪番で「組長」が回ってきました。この若さで(笑)4回目は、結構なモンでしょ。まだ子ども達に手が要っていた前回は、何の役にもたちませんでしたが、今回は頑張ろうと…しかも楽しもう!と張り切っています。知り合いがたくさん増えたら嬉しいな。
って訳で、久しぶりに夏祭りに参加しました。子ども会が終わってから縁遠くなってたなぁ。


002_20110817081122.jpg

私はエ・コラボの活動を通して得たゴミ分別の経験を活かしてゴミ担当になりました。地域の夏祭りとしては、画期的な10分別の「クリーンステーション」2か所で会場中のゴミを回収しました。

003_20110817081122.jpg


004_20110817081121.jpg

役員さんやスタッフさんに詳しく説明できないままの実施で、みなさんきっと不満や不安がいっぱいだったはず。
「会場中に下げたゴミ袋にさえ入れない人が、毎年いっぱいなのに無理よ。あなたが後で拾ってもらうのが大変になるよ」と心配してくださる方も…。それで終わってみれば、みなさんの努力で結果は例年60袋程度のゴミ袋が24袋に!リサイクルに回せるものがこんなにも。下の写真は、先に公民館に運ばれていた分。関係者で集まってきちんと話し込んで、共通認識が持てれば、あと10袋は減らせたかもな~。会場の外に捨てられたゴミも例年に比べるとグッと減っていたそうです。でも、1年目でこの成果は、逆にすごい!みなさんの努力あってです!



005_20110817081121.jpg


006_20110817081120.jpg

今年捨てたゴミは、これ。一見多いけど60袋に比べると成果あり!



しっかり検証を行い今後に繋げていけたらいいなと、思っています。今回はエ・コラボでなく、ドタバタ個人が地域の一員として取り組ませてもらいましたが、「エ・コラボ」がこんな風に地域に活かしていただけたような気がして嬉しかったです。市役所のみなさん、同じ組のMさん、Sさんにもたくさん応援していただきました。みなさんありがとうございました。一人では、何もできないな~をいつも痛感します。

最近の記事