「色いろ酉どり展」へ

2017年03月20日 06:03

通信を印刷に行った16日、アクラスタウンで開催中Yさんの「色いろ酉どり展」へ行ってきました。
IMG_0584_2017032004583472e.jpg
手作りの手まりやお雛様や可愛らしい!春らしい女の子の世界です。
IMG_0582.jpg
お雛様もYさんのお母様の手作りだそうです。

IMG_0581_201703200503576ec.jpg
レザークラフトの品々もカラフルで可愛らしい

IMG_0601.jpg

「色いろ酉どり展」
創作糸まりPretty Squaresとレザークラフト喜喜屋
アクラスタウン2F ギャラリー天満 11:00~17:00
太宰府市五条2-18-16
作品販売いたします。
手まりすとらっぷ・ミニ手まりワークショップ
ギャラリー内にて随時開催受付
3/1~31日 会期中無休

通信132号 配布

2017年03月20日 05:37

通信132表 通信132裏
3月の通信裏は2016年度の活動報告となっています。新しい試みとして市役所内外をお借りしてエ・コラボカフェ(地域交流サロン)やイベントを行いました。開催にあたり福祉課をはじめとする各課のみなさん、ゲストのNPO法人 ふくおか福祉とびうめ会の福本代表、中央薬局の竹下先生、NPO法人まる代表理事株式会社ふくしごと 取締役副社長の樋口さん、そしてTEAMエ・コラボ(ざっくり言ってスミマセン!)のみなさんにたくさんたくさんご協力をいただきました。エ・コラボにお付き合いくださったみなさんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


IMG_0577.jpg
エ・コラボの通信は市役所内のいくつかの課に置いていただいています。
2階にある社会教育課のカウンターはこんな感じで温かく可愛らしくディスプレイされています。職員さんの皆さんも温かくて感謝しています。



資源回収 2017年3月19日

2017年03月19日 17:35

毎回、お天気はどうかなぁと心配するハローデイ大佐野店さん駐車場での資源回収、今日は予報通りの暖かくてとても良い天気でした。

おしゃべりも弾んでおります。
fc2blog_201703191622098ae.jpg
段ボールもちょっと多め、参考書なども出されていて資源物からも春を感じました。
fc2blog_20170319162249527.jpg
早めに到着した車に積み込みながら12時まで待機、連休中にもかかわらずお持ち込みしていただいた皆さま、Sさん、Tさん、モトニノパパさんお手伝いありがとうございました。回収の宮崎さん、ありがとうございました。

売り上げの一部を多賀城市へ送りました

2017年03月07日 23:30

2月26日(日)に行われた人権まつりだざいふ2017
IMG_0448.jpg IMG_0451.jpg 
お天気も恵まれた一日でした。ご来場、そしてエ・コラボでお買い上げいただいた皆様ありがとうございました。
IMG_0539_2017030909405314e.jpg 
この日のエ・コラボの売り上げのうち2700円を太宰府市を通じて多賀城市へ送りました。いつも応援をいただいている私たちですが、できることでの小さな応援を私たちも続けたいと思います。

65歳問題と終の住処の関連 

2017年03月05日 23:40

テーマ 65歳問題と終の住処の関連 エ・コラボメンバー3名で参加。
fc2blog_20170309101809df1.jpg
私たちは新聞で知り参加させていただきました。私たちのように会員外の参加者のほか、本来は研修会ということで主催である福岡県知的障害者施設保護者会連合会の会員施設の方や保護者の方で会場はいっぱいでした。
IMG_0527_2017030909563398f.jpg
”障害福祉サービスを利用している障害者が65歳になると介護保険サービスに移行して利用施設が変わったり、費用負担が増えたりする「65歳問題」について考える。”という新聞記事に目が留まったのですが、現在子どもは20代と30歳になったばかりで自宅から職場に通い”障害福祉サービス”をまったく利用していないので、何が何だかまったくわかりません。会場で私たちの母親くらいの年代の方がわが子のために動かれている様子を拝見しお元気さに感心するとともに、自分は何しているんだか、わが子の将来のための勉強不足をとても恥じました。
IMG_0528.jpg
講演の中に看取りについての話があり、最後の質問の時間にもこのことについて意見や質問が出ました。障がいのあるわが子が安心して一生を終わることができるようにするには、最後に看取ってくれる場所、人は誰なのか。看取る立場にある施設、そして職員の方々の技術や心の研修が継続的に必要なこと。そして私が今からできること、やらなくてはいけないことって何だろうと、日常では有難いことに漠然としてしか感じていない”知的障がいのある子どもがいる保護者”という自分の立場を改めて実感しました。そしてわが子だけでなく親や自分の終わり方も重なり貴重な研修会となりました。



最近の記事